Wind turbine testing with HBM

計測技術による風力タービンのテストで、稼働時、開発時の安全性を確保

風力タービンのダウンタイムには膨大な費用が伴います。HBMの計測技術を利用すれば風力タービンの構造上の機械的ストレスを早期に判断でき、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

また専用ソフトウェアであるnCodeソフトウェアによれば、風力発電設備の疲労解析が行え、構成部品を安全面で最適に調整できます。

 

世界最先端のノウハウと60年以上の実績
日本の風力発電を強力にサポートするHBMの高精度計測チェーン

HBM製品のご利用メリットと関連製品一覧(WINDEXPO2014配布資料より)

HBMの風力タービンテストソリューションに関する技術資料を読む

新技術資料:風力エネルギーにおける計測の展望と、高まるその重要性

風力タービン設計時の疲労解析

Wind turbine test with durability analysis

HBMのnCodeソフトウェアにより、構造や信頼性に影響を与える要因が何かがわかります。HBMのnCodeは構造物の疲労や耐久性をテストできるソフトウェアであり、次のような解析が行えます:

  • 重量、コスト、製品ライフサイクルにおける構造最適化
  • 新設計のテスト、および既存設計との比較
  • 監視と解析:稼働時の風力発電施設を監視、解析し、問題を早期発見し、過去の経験に基づくフォローアップを検討する

GL認定のnCode DesignLife

nCode DesignLifeは、GL RCにより認証を受けた最先端の疲労解析ソリューションであり、ソフトウェアの適切な設定することにより、風力タービンのハブや軸部の設計を、GL RCによる風力タービンのガイドライン(2010)の認証に従ってテストできます。またGL RCのガイドラインや、IEC 61400-1に規定された複雑な現場の荷重条件による疲労解析も行えます。

nCode DesignLifeの詳細を見る

ncode.comの情報を見る

nCodeの風力エネルギーソリューション  (pdf)

風力タービンの構成部品試験

風力発電所は、数多くの力をはじめとする物理量にさらされます。よって風力タービン試験には最新の計測技術を用い安全性を確保しなければなりません。HBMの技術によれば、センサからアンプ、強力なソフトウェアで構成される計測チェーン全体からメリットが得られます。

 

評価テストの例:

風力タービン導入時の構造テスト

風力発電所の効率や安定性でより多く情報が必要なら、ぜひHBMの計測技術をお試しください。例えば骨組みや構造上のストレス解析やテストが行えます。その際には電気式ひずみゲージや光学式ひずみゲージを利用します。

 

さらに、HBMには経験豊かな優れたサービスエンジニアが風力タービンテストのオフショアならびに会場設置をサポートします。

 

実験的応力解析、耐久試験のページを見る

アプリケーションレポート-世界の風力タービンテスト

ウィンドタービンにおけるトルク計測 - 過去から今日もなお必要とされる技術

この技術資料では、過去から現在においても、ウィンドタービンでのトルク計測がいかに重要であるかを明白にご覧いただけます。 回転しなければ電力は生成されません。それ故に、角速度とトルクなしではありえないのです。

Switch社の風力タービン用発電機の試験

HBMのトルクフランジを使用した高精度な計測結果

ドイツ初の洋上ウィンドファーム建設に貢献しているHBMの技術とサービス

環境を汚染しない効率的な発電は、生活必需品の価格が高騰し、消費者の間で環境への配慮が高まっている昨今、ますますその重要性を増しています。

オンラインカタログ: HBMの風力タービンテスト: