変換器自動認識機能を持つ高精度な熱電対モジュール
QuantumX MX1609 DAQ|データ収集システム|データロガー

QuantumX MX1609 - 自動変換器認識を持った確実な熱電対用アンプモジュール

世界中で最も計測されているもの、それは温度ではないでしょうか。お客様のアプリケーションにおいてももしそうだとしたら、是非QuantumX MX1609をお使いください。

MX1609は、温度計測をより正確により便利に行うためのニューヒーローとなります。

MX1609は様々な優れた機能を備えるQuantumXシリーズのアンプです。広く使われている「タイプK熱電対」を使い、信頼できる温度計測を可能にすると共に、お客様の毎日の計測に新しい可能性をもたらします。

世界中のテストエンジニアは、HBMのAPM技術(Advanced Plug and Measure:先進的プラグ・アンド・メジャー)により、変換器をつないで、あとは計測を開始するだけという、素早い計測を体感しています。

MX1609は温度計測の世界にこのAPM技術をもたらします。ミニ熱電対コネクタにはIDチップが搭載され、変換器を瞬時に認識します。またこれは後で取り付けを行うことも可能です。

このチップにより、お客様の変換器がMX1609に接続された瞬間に認識、設定が行われます。時間ばかりかかり、しかも間違いも起こりやすかった、手作業で計測点にラベルを貼るという作業はもう遠い昔の話です。MX1609は計測の世界に、デジタル、スピード、正確さ、という新しい風を吹き込みます。

最大のパフォーマンスを最小のボディに:

MX1609はその小型なデザインから、どんなに小さなテストベンチでもフィットし、計測点に一番近い場所に設置できます。計測ケーブルが短ければ、伝送されるデータが受ける影響も小さくなりますので、計測結果がより正確になることを意味します。

MX1609は、タイプK熱電対からの信号を受ける、電気的に絶縁された16のチャンネルを備え、-100℃から+1300℃までの温度計測が可能です。

さらにアップグレードも簡単に行うことができます。例えば、より多くの熱電対を接続する必要がある場合にも簡単にチャンネル数を増やすことが可能です。

最大のパフォーマンスを最小のボディに収めた温度計測用アンプ、それがMX1609です。

至近距離でも、遠くからでも:MX1609は場所を選びません

MX1609はイーサネット接続が可能な熱電対用アンプです。イーサネットにより、テストデータは劣化なしに伝えられます。MX1609は、1チャンネルあたり非常に低価格で、高品位の計測を可能にし、常に妥協のない信頼できる計測結果をもたらします。こうして、MX1609をお使いいただくことで、計測の時間とコストの削減が可能となります。

QuantumX MX1609KB for type K thermocouples

Type K thermocouples are widely used and have multiple applications. The thermocouples have been designed for use in a temperature range from -100 °C to +1300 °C.

The Mini thermocouple connector enables your thermocouple transducer to be automatically and unambiguously identified by the instrument.

Technical specifications

Number of thermocouples that can be connected

16

Transducer Identification

TEDS through RFID

Interface

Ethernet

Temperature measuring range, linearization for type K

-100 ... + 1300°C

Measurement error at 22 °C

± 0.5K

Supply voltage

10 ... 30, 24V nominal (rated) voltage (DC)

Power consumption

< 6W

Protection

Class III (height up to 2000m; degree of contamination 2)

EMC requirements

according to EN 61326

Mechanical tests (transport tests)¹

Vibration (30 min): 50m/s²
Shock (6 ms): 350m/s²

Maximum input voltage at transducer socket

60V (transient free)

Nominal (rated) temperature range

-20 ... +60°C

Dimensions (W x H x D)

44 mm x 174 mm x 119 mm (without case protection 1-CASEPROT)
52.5 mm x 200 mm x 122 mm (with case protection 1-CASEPROT)

Degree of protection per EN 60529

IP20

Weight

900g

¹) Mechanical test according to European standards EN60068-2-6 (vibration) and EN60068-2-27 (shock). Instruments are subjected to an acceleration of 25 m/s² in a frequency range of 5 ... 65 Hz in all three axes. Duration of this vibration test: 30 minutes per axis. The shock test is done at a nominal acceleration of 200 m/s² for 11 ms, half-sinusoidal and with shocks in each of the six possible directions.

QuantumX MX1609TB for type T thermocouples

Due to its high resistance, the type T thermocouple (Cu - CuNi) can be used in numerous applications. Type T thermocouple pairs are of interest mainly in the temperature range between -40 °C and 125 °C, as thermocouple pairs with a quality class A and accuracy of +/- 0.5 °C are available in this range.

In order to increase this accuracy even further, it is possible to store thermal calibration data in a special thermo-mini plug. The data are then wirelessly transfered to the channel, automatically parameterizing the channel after the thermocouple has been connected.

Technical specifications

Number of thermocouples that can be connected

16

Transducer Identification

TEDS through RFID

Interface

Ethernet

Temperature measuring range, linearization for type T

-100 ... 400 °C or -148 ... 260 °F

Measurement error at 22 °C

± 0.5K

Supply voltage

10 ... 30, 24V nominal (rated) voltage (DC)

Power consumption

< 6W

Protection

Class III (height up to 2000m; degree of contamination 2)

EMC requirements

according to EN 61326

Mechanical tests (transport tests)¹

Vibration (30 min): 50m/s²
Shock (6 ms): 350m/s²

Maximum input voltage at transducer socket

60V (transient free)

Nominal (rated) temperature range

-20 ... +60°C

Dimensions (W x H x D)

44 mm x 174 mm x 119 mm (without case protection 1-CASEPROT)
52.5 mm x 200 mm x 122 mm (with case protection 1-CASEPROT)

Degree of protection per EN 60529

IP20

Weight

900g

¹) Mechanical test according to European standards EN60068-2-6 (vibration) and EN60068-2-27 (shock). Instruments are subjected to an acceleration of 25 m/s² in a frequency range of 5 ... 65 Hz in all three axes. Duration of this vibration test: 30 minutes per axis. The shock test is done at a nominal acceleration of 200 m/s² for 11 ms, half-sinusoidal and with shocks in each of the six possible directions.

ソフトウェア

catman

catmanソフトウェアは、拡張型センサデータベースによりパラメータ設定が簡単に行えます。TEDSサポートにより接続するだけでセンサ情報の読み書きが可能で、完全なプラグ&メジャーを実現します。catmanソフトウェアは、ユーザレベルや閲覧レベルを簡単に構築できます。見やすいGUIによるパラメータ設定が可能なため計測タスクは非常に簡単です。またFormulaエディタ内蔵のため、オンライン上で様々な演算がプログラミングなしに行えます。グラフィックデータ解析ツールや複数のデータフォーマットに対応したデータ出力が行え、BIN、RPCIII、MAT、ASCII、XLSなどで保存できます。

QuantumX Assistant

フリーダウンロードが可能なQuantumX Assistant ソフトウェアを利用すれば、お持ちの QuantumXシリーズにフルアクセスが可能です。すべての入出力チャンネルのパラメータ設定が可能です。TEDSサポートにより、センサ情報の読み書きも簡単に行えます。

QuantumX LabVIEWTM driver

フリーのQuantumX driver パッケージを使うことで、LabVIEWTMへの統合が可能になります。

QuantumXのLabVIEWTMへの統合方法を見る

QuantumX .NET API

QuantumX .NET / COM API により、HBMのQuantumXモジュールの他、独自のアプリケーションへの統合が可能です。

QuantumX .NET APIの詳細を見る

QuantumX CANape driver

QuantumX CANapeドライバを使えば、QuantumXを簡単にVector Informatik社のCANapeソフトウェアに統合できます。ECU制御が可能であり、データ収集や校正、診断などの主要タスクに対応できます。QuantumXによれば、センサや変換器のパラレルに接続し、相互に同期をとることも容易です。CANapeとの組み合わせによりQuantumXはテストベンチや負荷テストにおいて、理想的なソリューションになります。

QuantumX CANape driverの詳細を見る

DIAdemTM driver

DIAdemTM driverにより、解析ツールに直接統合できます。

WEBサーバへの統合

WEBサーバ機能を内蔵しているため、各モジュールをWEBサーバ上で管理し、PCやタブレットで計測データを確認できます。ソフトウェアのインストールは必要ありません。

ご登録時のE-Mailアドレスをご入力ください。

すでにご登録がお済みの方は、E-Mailアドレスを入力いただくことで資料のダウンロードが可能です。

製品資料ダウンロード

QuantumX MX1609

Data Sheets

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
Data Sheet - QuantumX MX1609KB Please Log InPlease Log In
Data Sheet - QuantumX MX1609TB Please Log InPlease Log In

Operating Manuals

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
Operating Manual Please Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log In
Operating Manual - QuantumX CANape Driver Please Log InPlease Log InPlease Log In
Operating Manual for Data Recorder CX22-W Please Log InPlease Log InPlease Log In
Operating Manual for EtherCAT Integration CX27 Please Log In

Quick Start Guides

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
Quick Start Guide Please Log InPlease Log InPlease Log In

Accessories

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
Backplane (BPX001, BPX002) Please Log InPlease Log InPlease Log In
FireWire Adapter (IF-001/IF-002) Please Log InPlease Log InPlease Log In
Mounting case clips (CASECLIP) Please Log InPlease Log In
Mounting case protection (CASEPROT) Please Log InPlease Log In
Signal Conditioning Module FireWire-Extender (SCM−FW-EXT) Please Log InPlease Log In

Brochures

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
Brochure Please Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log InPlease Log In
Please Log InPlease Log In

Certificates

ENDEESFRITPTCNJPKRRU
CE-Declaration of Conformity Please Log InPlease Log InPlease Log In
CE-Declaration of Conformity-Listing of the Types Please Log InPlease Log In

誰よりも厳格な自社基準のデータシート

変わることのない信頼性:HBM社がデータシートに記載する値は信頼性をもたらします。HBMのデータシートにはお客様のアプリケーションにおいて、現実の使用環境条件などによる影響を想定した値を記載しています。理想的な環境で使用する場合の理論上の数値は記載していません。したがって、他社のデータシートと比較される際はこの点をご注意ください。詳しくは担当のHBMセールスエンジニアにお気軽にご相談ください。

今すぐお見積もり依頼!

今すぐお見積もり! QuantumX MX1609

HBM製品にご興味を頂き誠にありがとうございます。このフォームにより、ワンクリックで見積依頼をして頂けます。