校正で得られるもの

計測機器を校正する際には、入力量と出力量の相関関係が、一定の条件のもとで決定され、文書化されます。

入力量とは、力や圧力として計測される物理量のことです。

出力量は、計測機器の電気、電子出力信号のことですが、これらも測定値として有効なものです。

言葉の意味と定義...

校正はしばしば他の用語と間違われたり、時にはまったく異なるものを指す用語と共に使われ誤解されることがあります。

試験: 要求されている範囲を決定します。

アジャストメント:計測で予想されるシステム的偏差を取り除くために、計測機器の設定を行います。

法的検定:検定の定める条件のもとで品質検査、等級検定を行います。これらの検定は、計量・計測委員会によって、給油ポンプや店頭ばかり等の価格を決めるはかり、または医薬品の計量をおこなう計測機器などに対して行われます。

計測チェーン調整:校正によって得られた変換器の特性を、共に使われる計測アンプに対して適性な設定となるように調整します。