力校正

  • 初めて、DKDとして計測された分量(1977年認定当時、HBMのみ校正可能)
  • DKDにおいてもっとも広範な校正設備(2.5 Nから5 MN)
  • 最高の計量システムを使った校正(実荷重:地域の重力圏によって適用される質量により発生する力)