圧力校正

  • DKDでもっとも広範な校正設備(0.1 bar から 3600 bar)
  • 重錘型圧力計による究極の精度(各地域の重力によって異なる質量により発生する力を利用)