HBM校正サービス

HBMのドイツ校正サービス(DKD)認定校正試験所は優れた技術と長い経験をもつ世界で最も信頼される試験所です。DIN EN ISO/IEC 17025に準拠しています。

校正証明書のないトルクセンサは、メーカーが独自のルールで‘精度’を自己宣言しているにすぎず、そこに統一のものさしはありません。より信頼性の高い「精度」を求める声に応え、HBMでは自社に国家レベルの施設を保有するとともに、その取得を広く推進しています。パーシャル校正など、より取得が容易なサービスもご用意しています。詳しくはこちらからお問い合わせください。

校正証明書の意義:

1. 実用レベルで「自己宣言」されている‘精度’を、世界共通の統一的なものさしで比較できる
2. 非直線性だけでなく、繰り返し性や設置変更などを加味したより真値に近い総合精度を把握できる
3. 許容値を超える使用条件がわかり、正しい使用により故障やエラーが減る
4. ゼロ~定格での細かいばらつきがわかり、これを計測器側で調整することでより高精度に計測できる

校正証明書を得るまで

校正サービスにより提供されるもの

HBMの校正を選ぶ理由

  • 長年にわたる校正実績
    1977年、ドイツ初のドイツ校正サービス(DKD)試験所としてHBMが認定を受けました。
  • 計測と校正を一つのソースで
    HBMには製造の現場において蓄積したノウハウと高度な専門的研修を受けたスタッフがおり、お客様に信頼できる計測をお約束します。
  • 第一級の校正機器が可能にする最高級の精度
    私たちの高品質の校正機器はドイツ・ヨーロッパはもとより世界各国で使われており、高い評価を受けております。
  • お客様のどんなご要望にもお応えする柔軟なサービス
    私たちは柔軟なサービスでお客様の校正証明書取得のお手伝いをいたします。ドイツ・ダルムシュタットの本社での校正を、私たちセールスエンジニアがサポートいたします。
  • 国家標準の保存と法定義務としての普及
    私たちの試験所はドイツ校正サービス(DKD)の認証を受けています。これはつまり、お客様が手にする校正証明書は同時に、国家標準まで切れ目のない経路を証明するトレーサビリティを証明するものであるといえます。

DKD校正証明書(ワーキングスタンダード)