負荷応力

外部力がコンポーネントに作用する

外部力 ("負荷") がコンポーネントに作用すると、部材中部の応力の要因になります。主応力がわからない部材、複雑なコンポーネントを負荷によって応力を計測するには、常に二軸性応力状況を推量する必要があります。

このような場合、実験適応力解析は、試料の通常応力 σ 1 と σ 2 の絶対値と方向で計測する一つの手段です。

       負荷応力を計測するための3つのステップ...:
      1.ロゼッタストレインゲージ  2.アンプ  3.機械的応力の計測

How to measure load voltages

負荷応力を計測するための3つのステップ

  1. 計測試験したい部位にひずみゲージ(ロゼットゲージ)を貼付します。
  2.  ロゼットゲージの計測グリッド a、 b、 c を明確にします。
    これらは一般的にクォーターブリッジ回路と呼ばれ、適切なアンプ(増幅器)に接続されます。この時、3つの個々の応力を計測するために、それぞれのロゼットに対して最低3チャンネルのアンプが必要です。
  3. 応力の計測 ε a、 ε b と ε c は機械応力の絶対値と方向の計測をベースとして使用します。

ひずみゲージ & アクセサリ

  • ドイツNo.1のひずみ計測技術メーカーHBM
  • 圧倒的な種類と形状をもつ高精度ひずみゲージ
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。