原料成形

信頼できる生産収率

信頼できる生産収率は、システムの休止時間と欠陥を抑えることで実現されます。そのためには、より高い精度と信頼性を持つように開発された、搬送周波数方式と6線式回路、ゲートアレイアンプ技術などを取り入れた機器を使用することが必要になってきます。

 

これらの技術が、高速で高い処理能力のリアルタイム解析機能と共に用いられ、製造工程の最適化がおこなわれる時、総合的な製造パフォーマンスが向上し、より少ない時間でより多くの製品を製造することができます。

 

製薬工業にとって最も重要なことは、安全性と信頼性といえます。高速計測から低速の計測、最小から最大のダイナミックレンジまで、HBMの計測技術はお客様のどんな厳しいご要望にもお応えいたします。

主な用途

  • 車両、乗客キャビンなどのインテリアパネル用のプラスティック射出成形
  • 製薬工業や日用品などのタブレットプレス

Application Reports

Application Reports on Primary Shaping Of Base Materials

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。