精度等級 (Accuracy class)

HBM 社製 トルク変換器 が示す精度等級 (Accuracy Class) は、次の4つの特性の中で偏差が最も大きい特性の偏差の値で表します。よって、これらの特性の偏差は精度等級と同等かそれ以下となります。尚、感度公差 (Sensitivity tolerance) はこの中に含まれていません。

精度等級 (Accuracy class) に含まれる4つの計測特性 (Metrological properties) は以下の通りです。:

  • ヒステリシスを含む非直線性 dlh
  • 繰り返し性 σrel
  • ゼロ点に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TK0
  • 感度に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TKc

2つ以上の出力を持つ変換器 (例:周波数出力及び電圧出力) の場合、これらの中で最も偏差の小さい出力で精度等級を決定します。

尚、精度等級は DIN 51309 又は EA-10/14 で規定されたクラス区分 (Classification) とは異なります。

精度等級と総合精度

精度等級 (Accuracy Class) は、HBM社製トルク変換器の製品幅内での精度の目安として使われることを目的としており、実際の使用方法、使用環境などを考慮して算出する総合精度 (Overall accuracy) とも異なります。

例:

T10F トルクフランジには、計測範囲 100 N·m から 10 kN·m までのそれぞれの定格に、オプション"S"(標準バージョン)、オプション"G"(ヒステリシスを含む非直線性が優れたバージョン)があります。

仕様書(Datasheet)を見ますと、オプション"S"は 「ゼロ点に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TK0 」 が±0.05%、 「感度に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TKC 」 は±0.1%、 「ヒステリシスを含む非直線性 dlh 」 も±0.1%です。以上の中で最後の2つが±0.1%で他の値より大きいため、精度等級は0.1となります。

これに対してオプション "G" は、「ヒステリシスを含む非直線性 dlh 」 は±0.05%と小さくなりますが、 「感度に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TKC が±0.1% であるため、精度等級は0.1となります。

精度等級だけで見ますと、オプション "G" の利点がわかりにくいですが、 「感度に対する温度変化10Kあたりの温度影響 TKC 」は、公称トルク値に対するものではなく、測定値に対する偏差であるため、限られたトルク範囲内で測定を行う場合は偏差が少なくなり、オプション"S" より高精度の測定ができます。


HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。