非リニア電流センサを使用した高性能駆動用バッテリの短絡テスト

高出力駆動用バッテリの回路ブレーカとヒューズの性能確認するには、数キロアンペアの電流範囲で電流を計測する機能が必要です。また、数アンペアの電流を正確かつ高いダイナミクスで計測する能力も必要です。本レポートでは、特別に開発された非線形電流セン(NLCS)を紹介し、Genesis HighSpeedデータレコーダを使用した計測および解析について説明します。

はじめに

全体的なサイズを小さく維持しながら、エレクトロモビリティにおけるパフォーマンス要件の増加に対応できるように、使用されるバッテリーシステムの電圧が上昇しています。これは、たとえば、故障時に発生する高短絡電流を制御し、安全に遮断できるようにするための高い安全要件を意味します。また、この目的のために、特殊なサーキットブレーカの開発と最適化が進められています。これらのコンポーネントは電気自動車の安全性に非常に関連しているため、実際の使用条件下で十分に注意してテストする必要があります。遮断する必要のある電流以外に、動作温度、気圧(高地での使用)、および回路内のインダクタンスは非常に重要です。アシャッフェンブルク大学応用科学部では、これらのパラメータの影響をテストするための特別な検査スタンドが開発されました。HBKのテストおよび計測機器を使用します。特に、Perception 解析ソフトウェアの機能は、計測の精度を高め、分析プロセスを自動化するために使用されました。

回路ブレーカの金属性テストでは、10kAレベルでの高短絡電流を計測し、回路が遮断された直後に安全な切断を判断することが、特別な課題となっています。これには、1 Aの範囲で正確な電流計測が必要です。これらの計測要件を満たすために、アシャッフェンブルク大学応用科学部のテストスタンドでは、次のものを使用しています:

今すぐサインインして、記事の全文に無料でアクセスしてください。

ご希望内容

短絡テスト

ご利用には登録が必要です。

e-Powerコミュニティに参加し、テストセットアップを最適化する方法のヒントを取得することができます。

当社のエキスパート・ミッチ・マーク(Mitch Marks) にお問い合わせください

電力テストについてご質問がある場合は、こちらでサポートさせていただきます。

Mitch Marks( 電気工学修士) は、HBMの電気機械およびドライブトレーン試験の多くの専門家の1人です。HBK-HottingerBruel & Kjærの電気自動車ビジネス開発者です。当社の製品またはアプリケーションについてご質問がある場合は、Mitchにお問い合わせください。