校正試験場での検定:FORM + TEST社とHBKが、業界の標準的検査装置として使用できる高精度校正装置を構築

シンガポール国立金属研究所には、最高の測定精度を保証する校正試験所(校正ラボ)があります。最大5000 kNの試験負荷(力の校正を含む)で、お客様の装置の検定・校正を行います。この試験所の圧縮力試験装置ALPHA2-5000Sは、研究室で使用するための装置で、FORM + TEST Test system社によって開発されました。静圧試験で5000 kNの試験力を使用できるので、高精度測定システムの校正が可能になります。この装置の1号機は、ダルムシュタット工科大学の校正試験センターで使用されました。

ALPHA2-5000Sは、非常に正確な検定を提供

FORM + TEST社は、シンガポールの有名な校正試験所の要求に応じてキャリブレーションを実行するために必要な、非常に精密な特殊ソリューションを実装できる専門知識を有していました。そのため、ドイツ、リートリンゲンの高品質な材料試験機と試験システムの専門家が、静的圧縮力試験用の測定装置の開発を担当しました。カスタマイズされたソリューションALPHA 2-5000Sは、FORM + TESTのテスト検定実績のある圧縮力試験機を基盤として使用して構築されました。

最新型の高精度Alpha 2-5000Sは、シンガポール共和国の国家校正試験所において、希望する結果を確実に提供しています。これにより、力センサの正確な校正と圧縮方向の連続校正が保証されます。この測定システムは、非常に小さな力値を測定するという追加要件にも対応できます。したがって、最大荷重の1%までの最大精度で ALPHA 2-5000Sを使用できます。

ALPHA 2-5000Sは、特殊な高精度試験シリンダなどの特殊機能により、精度と信頼性の点で最高の性能を発揮します。シリンダは、ほぼ摩擦のないベアリングを使用した横方向ガイドにより、最適な力の負荷方向を保証できます。さらに、圧縮力試験装置はフレームの剛性が高く、DIGIMAXX C30コントローラによる正確な制御、および自動キャリブレーション手順用の特別なソフトウェアインターフェースを使用できます。

課題

トレーサブルな参照装置として、認定された校正試験所用のテスト装置は、精度、信頼性、品質の点で最高の要件を満たす必要があります。ただし、これらの要件が満たされていることを保証することは、装置メーカーにとって大きな課題となります。

ソリューション

FORM+ TEST社は、シンガポールの校正試験場での力の校正用に、ALPHA 2-5000S圧縮試験装置に搭載されたHBKの信頼性の高い高精度測定技術に注目しています。特に、これは、供給されたコンポーネントのキャリブレーションを保証する唯一のサプライヤがHBKであるためです。 

まとめ

FORM + TEST社のALPHA 2-5000S圧縮力試験機は、校正試験所での日常的な使用において優れた性能を備えています。特に、FORM + TESTの装置で使用されるISO376に準拠した圧縮力試験用の精度階級00参照力センサは、信頼性の高い正確な測定値を提供し、非常に小さな力でも正確に測定できます。

FORM + TEST Testsystem社は、HBKによって保証される精度に依存した試験装置を構築

FORM + TEST社は、HBKの圧縮力試験装置ALPHA 2-5000Sの実績に基づく測定技術を高く評価しています。過去のポジティブな使用実績に加えて、測定技術の専門家が提供するソリューションを選択する上で、同社の評判も非常に重要でした。しかし、HBKを選択すべき重要な理由は、HGKが製品と測定チェーン全体の精度と信頼性を保証できることであり、このためプロジェクトの唯一の候補となりました。

測定システムの中心は、HBK製の3つのC18参照力センサを備えたカスタムビルトシステムのBU18です。さらに、HBKの3つのC15参照力センサ(測定範囲5 kN、100 kN、500 kN) をシステムに統合し、高精度の力測定が可能になりました。これらの堅牢な(EMCでテスト済みのステンレス製衝撃および振動試験済み) せん断力は、公称測定範囲2.5 kN~1MNの範囲で、それぞれの容量の10~100%の非常に広い測定範囲において、DIN EN ISO 376に準拠した精度階級00の要件を満たしています。

高い精度が必要なために、BU18はブラウンシュワイク(ドイツ)の国家計量研究所(PTB) で校正されています。HBKが構築したシステムは、ALPHA 2-5000S用にカスタマイズされており、DIN EN ISO 376に準拠した精度階級00に完全に適合しています。この結果は、特にHBKとFORM+TESTの優れた協力関係により達成できました。キャリブレーションの準備の段階ではPTBの規定に従いFORM + TESTによって容量の120%をプリロードされます。BU18の校正は、認可を受けたHBKの校正ラボで実施されています。したがって、国家規格に対する校正のトレーサビリティは確保されています。

DMP41レファレンス測定アンプを使用することにより、測定システムが完成します。独自の精度クラス0.0005を備えた高精度測定機器は、世界中のひずみゲージベースの測定に最適なアンプです。その結果、HBKのDMP41は、ALPHA 2-5000を構築するための最良の選択肢でした。

確実な実績と自信を持って、ソリューションを提供できます。

FORM + TEST Seidner & Co. GmbH は、ALPHA 2-5000 Sを使用して、その機能性、負荷容量、および精度の点で独自の優れた性能を持つ力校正装置を作成しました。HBKとの協力が、成功の鍵となりました。

一方で、したダルムシュタットの専門家が提供する信頼性の高い測定技術は目的に完璧にマッチしており、正確な結果を保証します。HBKはこの保証が可能な唯一のプロバイダーです。

さらに、既存の知識を共有する両者がパートナーとして協力することにより、このプロジェクトを成功させました。

 

成功事例全文をここからダウンロード

FORM + TEST Seidner & Co. GmbHの説明

FORM + TEST Seidner & Co. GmbH は1965年に設立されました。高品質な材料試験機および試験システム向けの製品群には、圧縮、曲げ、引張、汎用試験機のほか、ほぼすべてのアプリケーションおよび材料のクランピングおよび試験システムが含まれます。最小限の保守で使用でき、耐久性が高く、実用的で、使いやすいソリューションは、60年以上の経験と広範なノウハウを持つFORM + TEST社の実績に基づいています。さらに、社内サービスおよびキャリブレーションラボにより、ユーザーは投資を最適に活用できます。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。