品質管理・試験機器メーカーのHoytom社が信頼を寄せるHBM U10M力変換器

Hoytom社は、品質管理機器や材料試験用の電気機械式・電気油圧式の機械を専門に製造している会社です。 引張試験で5kNから2000kNまで、圧縮試験でそれ以上の能力を持つ試験機が揃っています。

Hoytom社の研究所は1996年以来、ENAC(スペイン国家認定機関)の認定を受けており、お客様の敷地内で校正サービスを提供し、力、応力、ひずみ、硬さのすべての領域を含む試験機の状態について関連証明書を発行しています。 Hoytom社の試験機は、市場に出ている多くの製品が設計通りの機能を発揮することを保証する、隠れた保証なのです。 試験機は、原材料からアセンブリを構成する多くの中間部品に至るまで、製品の製造プロセス全体で使用されています。
  

1961年に設立されたHoytom社は、ビルバオ近郊のバスク地方の町レイオアにあるスペインの会社で、スタッフは測定対象物が壊れるまで伸ばしたり圧縮したりする静的破壊試験の専門家です。 Hoytom社は3世代に渡るファミリー企業です。 Hoytom社は60年代の創業以来、品質、意欲、最高の機器が、国内外の複雑なテストの世界で競争力を持つための重要な要素であることを認識し、理解してきました。 テストは、驚くほど複雑です。

問題点

試験計測に馴染みのない人は、その規模と範囲に驚く事でしょう。 最終消費者、産業界、建設業界、そして現代のビジネスに至るまで、市場に出るものは全て何らかのテストや品質管理を受けて流通しています。 椅子が数日で壊れたり、自動車の部品が物理的なストレスに負けたり、パイプが液体の内圧に耐えられなくなったりすることは、今日では考えられないことです。 製品保証は、素材や部品の段階で数え切れないほどのテストよって裏打ちされるのです。 そして信頼性の高い正確な結果を得るためには、Hoytom社製のような最高品質の機器を組み込んだ機械によって試験や制御が行われます。 これらはすべて、、これらの機械のユーザーが設定した採算性やリードタイムなどのニーズや要求に応じて行われます。 

解決方法

Hoytom社が常に最高品質のロードセルを試験機に要求してきたのは、最も重要な点であるデータの信頼性を完全に確保する唯一の方法だからです。 HBKのロードセルを試験機に装備することは、この分野で最高の基準を提供する方法となり、その結果、試験機は3年保証付きで販売することができるようになりました。 さらに、試験機や硬度計にHBKのブランドを冠することで、その安心感や品質が市場で評価され、さらなるマーケティングツールにもなっています。

結果

Hoytom社の試験機に組み込まれたロードセルは、測定範囲全体で最高の精度を保証します。 Hoytom社独自のテスト制御ソフトウェアとカスタム設計のエレクトロニクスとの組み合わせにより、シンプルで直感的な操作で最高のパフォーマンスと精度を実現します。 この品質レベルにより、Hoytom社は国際市場に参入し、その50%を輸出し、Hoytom社が提供する経験や知識だけでなく、試験機の基本技術にも信頼を寄せている顧客から信頼を得ているのです。 

このあまり知られていない分野に足を踏み入れると、試験とは、あらゆる分野のあらゆる品目の品質を、非常に幅広い試験手順で保証する、広く行き渡った活動であることがすぐに理解できます。

Hoytom社の機器はこの分野に常に携わり、現在も続けています。 ナットやボルト、さまざまな種類の鉄鋼から、複合材料、自動車構造物、航空機部品、ケーブル、コンクリートまで、Hoytom社試験機はさまざまなものをテストしてきました。 Hoytom社のマネージャ―は、大型の試験機やある程度複雑なテストの場合に最高の安心感をお届けしますと言います。 もちろん、機械の機能性は最も重要な要件ですが、数年前から、お客様の設備に合わせた魅力的なデザインも提供しています。 このような努力の結果、現在では生産した試験機の50%は海外向け案件です。  

 

Hoytom社の試験機には、材料の硬度や靭性を測定するために使用する硬度計や振り子試験機もあります。  

ロックウェル硬さ試験やブリネル硬さ試験を行う万能試験機や硬さ試験機では、HBKのHBMブランド製品であるロードセルを常に採用し、すべての機械に組み込んでおり、スペインではHBKの主要顧客の一つになっています。 これは主に、HBM U10Mの精度と信頼性に対する信頼によるものです。 HBM U10M 力変換器, これは、高い再現性とともに、直線性偏差、ヒステリシス、繰返し誤差の最小値を確保するためです。 

そのこだわりは、Hoytom社の現経営陣が就任した2015年に強まりました。 マネージャ―たちは、試験機を改善するためには、ロードセルとHBMが第一候補であることが重要な要素の一つであると確信していました。 HBMは長年にわたって校正用標準器と校正用計測機器を供給してきた実績があり、この決断を後押ししました。 これにより、作業時間の短縮や作業中断の低減が可能となり、市場でのHoytom社のイメージアップにつながりました。 現在では、最高品質の力変換器を組み込んだ試験機を提供し、お客様に安心をお届けしています。 すべての試験機ににHBM U10Mを装備することは、会社にとって戦略的な決定でした。 

HBMの力変換器を搭載したHoytom社の試験機は、関連する国際規格に準拠したクラス05での動作が可能で、より広い測定範囲を提供できるため、テストを行う企業で需要が高まっています。 しかし、なによりも、正しく実施されたテストであることを保証できます。 検査分野では、信頼性の高いデータを収集するために、HBKのようなプレミアムブランドの最高級品に投資することが不可欠です。 そして、力変換器が長期にわたって信頼できるデータを提供し続け、それに対応した調整を迅速かつ容易に行えることを保証することが不可欠です。   

Hoytom社について

Hoytom社 は、1961年にドン・シプリアーノ・デル・オヨによって設立され、現在は一族の3代目が経営しています。 60年代は、バスク地方でこの産業が大きなウエイトを占め始めた時代です。しかし、当時はまだ外国との貿易が盛んではなく、機械類はドイツなどヨーロッパの一流国、あるいはアメリカなど大陸をまたぐ国々で購入する必要です。

 

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。