正しいトルクトランスデューサの選択:シャフトまたはフランジ? 正しいトルクトランスデューサの選択:シャフトまたはフランジ? | HBM

正しいトルクトランスデューサの選択:シャフトまたはフランジ?

適切なトルクトランスデューサを選択する際には、留意すべき点がいくつかあります。技術仕様の詳細を確認する前にトルクフランジと軸型トルク計の2つの異なるトルクセンサの設計を簡単に見ておくとよいでしょう。どちらのタイプのセンサも、特定の用途に特に有利な利点を有しています。

トルク測定シャフト

トルク測定シャフトは非常に高い精度とダイナミクスさがそこまで優先されない場合、コンパクトでオールラウンド なトルク計となります。その設計のおかげで、トルク測定シャフトは0.5 Nm(HBKモデル)から非常に小さなトルクを測定することもできます。公称(定格)トルク範囲が小さい場合、このタイプは測定フランジよりもスペースが少なく、 比較的安価 になります。

一般的な用途:

  • テストベンチでの一般的な使用
  • 機能検査
  • マイクロメカニカルスイッチ素子の測定
  • ギアボックス、エンジン、モーターなどのEOLテスト

フランジ型トルク計

フランジ型トルク計は構造上短くてリジッドです。これにより、高い精度を必要とする高速で動的な測定に理想的なトランスデューサとなります。加えて、フランジ型トルク計はコンパクトでありながら、非常に高いトルクを測定することができます。一般的に、定格トルクはMNm まで記録できます。

一般的な用途:

  • 電動機、電動車軸、ハイブリッド走行試験
  • 効率測定
  • 疲労寿命解析(耐久試験)
  • ギアボックス、エンジン、モーター、コンポーネントのEOL試験
  • 標準試験機(リファレンストランズデューサー、トランスファー・スタンダード)

HBK は、 シャフト型とフランジ型 の両方を提供しており、さまざまなアプリケーションに対応しています。


HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。