高電圧インパルス試験

世界中にある電圧網のほとんどは、支柱上の送電線によって構築されています。これらの送電線は落雷を受ける可能性が高く、変電所の構成部品は高い損傷のリスクに曝されています。

1つまたは複数のエレメントが損傷を受けると、配電能力の一部が損なわれる可能性があり、消費者の不満や高い修理コストの原因となります。試験用変圧器、サージアレスター、アイソレーター、およびスイッチギアなどの試験は、品質保証プロセスの重要な部分であり、これによって各コンポーネントの耐性を証明します。

技術的な要件

ハードウェアおよびソフトウェアには、試験の性質や電磁環境によって特定の性能が要求されます。正確で再現可能な試験結果を得るため、電位計測機器には高い仕様が求められます。その一部を列挙します。

  • 高い解像度
  • アンプの線形性
  • 低ノイズのアンプ
  • 電磁場に対する耐性

ユーザーの目標

ユーザーの業務(タイプ試験または生産試験)とは無関係に、言及されることが最も多い目標を以下に示します。

  • 試験不足または試験過剰を避けるための高い精度
  • 試験のスループットを維持するための高い生産性
  • コスト効率(つまり試験1回当たりの経費)
  • 所有者のコスト(寿命期間全体に及ぶ設置の経費)

評価の自動化による生産性の向上

オペレーターのミスによる誤差の発生率をできるだけ小さくしながら、可能な限り高いスループットを実現するため、すべての特性パラメータをシンプルかつ自動化された方法で評価する必要があります。ユーザーによる選択が可能なリミットチェックは、さらなる生産性の向上に役立ちます。主な試験パラメータを以下に示します。

  • タイミング
  • 振幅
  • オーバーシュート
  • 振動(オシレーション)
  • チョッピング

テストコレクションによるプロセスの最適化

複数の位相正負両極でのブッシング、さらに様々な電圧レベルがあるために試験プログラムが非常に複雑化し、1つの試験対象当たりの計測数が容易に100以上に達してしまします。

<Collection overview>

テストコレクションにより、試験対象当たりのすべての計測値を収集して同一のレポートにまとめることが可能になります。また、各計測後の受入/拒否の検証により、試験の実施中に手動で、許可または不許可の判定を行う手段を提供します。

インパルス試験

自動的な試験結果報告による一般管理費の削減

各試験では、単発計測か試験コレクションかにかかわらず、レポート作成プログラムで自動的に報告を行うことができます。ユーザーはレポートレイアウトを一回だけ指定し、ボタンをクリックするだけで合否の表示を含む試験結果を取得することができます。

エキスパートとエキスパート

電力工業界における弊社の顧客は、電力分野での研究開発、生産、および製品の検証のエキスパートたちです。 一方、HBM製のGenesis HighSpeed は、電力工業界での能力試験における、正確で、生産的で、かつコスト効率の高い計測ソリューションのエキスパートたと言えます。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。