Somat - 堅牢、モバイルデータ収集システム

 

Somat eDAQ と Somat eDAQlite システムは、お客様に無類の機能コンビネーションを提供します:

  • 最新鋭のシグナルコンディショニング
  • 物理量データの収集、ビークルバスおよび
  • リアルタイムデータプロセッシング、トリガおよび複雑な演算
  • 堅牢でスタンドアロンのデータ収集システム
  • モバイル使用に特に適するように開発・設計
  • 厳しい環境でも耐えうる密閉性

この製品は、お客様が計測されている又はされるであろう非常に過酷な環境を想定してタフに作られています。そして悪環境下への耐性だけでなく、オンボードデータプロセッシングに対する性能も持ち合わせています。

Related Content Somat

IRT Australia: オーストラリアの鉄道運用試験で使用されているSoMat eDAQ
50℃を越える温度、ほこり、雨、振動: オーストラリア奥地(アウトバック)の列車は非常に過酷な環境に耐えなければなりません。 有名なIRT(Institute for Rail Technology:鉄道技術研究所)は、鉄鉱石輸送用の新型計測車両を設計するにあたり、HBMの特に堅牢に設計されたSoMat eDAQデータ収集システムの採用を決定しました。

Volvo Contruction Equipment (CE)
ボルボ建機の試験での過酷な試験内容に対応するローダーは、頑丈なeDAQを使用して現場で柔軟にデータを取得

中国で行われた試験で HBM 製の eDAQ ソリューションの優越性が明らかに
高速鉄道で使用するためのデータ取得装置の比較テストが中国の北京交通大学で実施され、過酷な条件下での使用における HBM 製 SoMat eDAQ 装置の有効性が実証されました

Gates Corporation
頑丈なシステムの見直し : HBM製データ取得システム SoMat eDAQ

The QuantumX MX1615: a Universal Bridge Amplifier
Learn how to make better measurements in the presence of temperature variation, mounting irregularities & electromagnetic interference.

Somat eDAQ Common Field Problems and Solutions
This webinar will explore different workflows for the configuration for large channel count DAQ-systems.

鉄道の安全性を確保する確実なデータ収集
現在、鉄道車両のメーカーは、新型車両の設計と旧型車両の改造のすべてにおいてコンピューターのシミュレーションを実施しています。設計や改造を製造工程に進める前や、性能上の問題を診断する際には、今でも線路上で試験を実施しています。その理由は、シミュレーションが100%正確なわけではなく、線路上の試験によってのみ、設計が性能仕様を満たしていることを実証できるためです。

How to Setup and Optimize the eDAQ Video Feature
This webinar will demonstrate integrating video into your eDAQ data files. We will review the process of setup, video recording and playback

CAN Based Temperature Data Acquisition with the HBM SoMatCR
This webinar will discuss how to create and load a setup file for the module and show you how to use multiple SomatCR units within a distributed CAN network.

QuantumX Webinar
QuantumX is the world's most innovative data acquisition system. See all benefits at a glance in this recorded webinar session.

Flexible Testing with QuantumX
This webinar will introduce you to QuantumX, a modern distributable DAQ system acquiring all sensor inputs as well as data from various sources.

SoMatとnCode GlyphWorksを使用したスキークロス競技の最適化
2010年バンクーバーオリンピック以来の公式種目であるスキークロスは、2014年のソチ・オリンピックの最後日に、皆が見たように、特に壮観なレースです。本当に仏チームは輝いていました。Jean-Frédéric Chapuisが金メダル、Bovolenta d’Arêche-Beaufortが銀、Jonathan Midolは銅を勝ち取った時、三色旗が勝者の演壇を支配しました。

Data Acquisition on a 7 Second Dragster
トンプソン氏は、技術者として35年間の経験があります。試験技術者として、主にジョンディア・トラクタ社の信頼性と安全性を改良するための、テストシステム開発と不良解析をして来ました。

Digital Recorders: the Modern Replacement for your Chart Recorder
This webinar will review the advantages of using a digital data recorder over a paper-based chart recorder.

Increased efficiency in vehicle testing through rugged amplifiers with web interface
In this webinar, we will discuss the requirements of rugged test and measurement equipment and offer you a new convenient solution with a web interface.

Increased Efficiency in Vehicle Testing in Harsh Environments through Web-accessible Data Acquisition
This webinar will explain the requirements needed from rugged test and measurement equipment to ensure reliable data acquisition.

過酷なオフロード車走行試験用の耐環境性に優れたデータ収集システム
耐久性試験において高い信頼性を得るには、より短い間にますます多くの計測データを記録することが必要になっています。結局、新車両のデザインを最適化するためにも、計測データが非常に重要になります。このため、車両本体や部品に関するデータを正確かつ確実に記録することが必要になります。

Testing in real-world conditions: What are the requirements for mobile testing?
This webinar provides you with the basics and everything you need to know on mobile data acquisition.

Somat eDAQ Case Study:ガイゼンハイム大学
ガイゼンハイム大学(Geisenheim Univ.)が、急斜面における作業を機械化する新手法を開発しました: それがブドウ裁培用ロボット「Geisi」です。 Geisiは、最大70%の傾斜地で作業をする能力があり、ガイド用のロープなしでリモート制御できます。

Mobile Data Acquisition made Easy
This webinar shows you a robust and clever solution to quickly get results and thus get the most out of your mobile vehicle testing.

Advantages of a distributable and robust DAQ-System for the development of vehicles
In this webinar, we will show you the technical possibilities of mobile DAQ by explaining the example of a crane and a harvester.

ステップ-1:レーシングカー上の試験計測装置
HBMを使用してポールポジションへ: ステップ-1プロジェクトでオープンソースのMiKAR C301BをFIA公式レースのスタートラインに送る。 2008年に非常に特別な高速車の開発をステップ-1プロジェクトで開始した熱狂的レーシングファンが、自分自身のレーシングカーをFIA(国際自動車連盟)レースに参加させ

ビデオ画像を併用したデータ収集に関する調査
データ収集にビデオ画像を追加。北ヨーロッパ在住のエンジニア100人を対象として、今までのデータ収集にビデオ画像を追加して組み合わせることにより、データがいかに有効利用できるのかを調査しました。これによりデータ収集の一環として、ビデオ画像を活用する手法が広く採用されている

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応