主な特徴

  • 定格 (公称) トルク 50 N·m, 100 N·m, 200 N·m; 500 N·m, 1 kN·m, 2 kN·m, 3 kN·m, 5 kN·m and 10 kN·m
  • 定格 (公称) 回転速度: 8,000 rpm ~ 15,000 rpm
  • 極薄型設計
  • 高い許容動負荷
  • 高い許容横不可および曲げモーメント
  • ねじれ剛性が極めて高い
  • ベアリング、スリップリングを使わない非接触伝送
  • 校正信号選択可能
  • オプション:一体型速度計測システム
  • オプション:カップリング

製品概要

非常に薄型であることから、試験台における省スペースを実現し、コストを削減します。高い横剛性を備え、連結されたシャフトは直接フランジに接続でき、補強ベアリングなどは一切必要ありません。

動的計測を行うトルク変換器が高い許容動負荷性能を持つためには、負荷を吸収するだけの大きさが必要でした。しかし、T10Fは高いねじり剛性を備え、トルクによる振動をほとんど生まないため、超薄型デザインが可能となりました。

この計測システムにはスリップリング、ベアリングなどが一切ないため、メンテナンスコストは一切発生しません。モジュール構造のため幅広い定格があり、アプリケーションに最適なトルクフランジと専用のカップリングを選んでいただけます。

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応