SoMat DataModes™ - インテリジェントデータストア

どんなデータロガーでも時系列データを収集することはできますが、eDAQはもっと高いところにいます!eDAQはオンボードデータプロセッシングを幅広く機能させる、スタンドアロンデータ収集システムなのです。このリアルタイムデータ収集システムは、 SoMat DataModes™ 技術を使用して実現します。

25年以上をかけてモバイルデータ収集の専門家が開発した DataModes™ は、マルチにデータをセーブ、簡単に操れる解析用フォーマットなどをお客様に提供します。

DataModes™  メモリを保護し、データに即時解析を提供、楽々とワイヤレスで転送、長期試験を簡単に成し遂げます。様々なトリガオプションはお客様が欲しいデータだけを確かに入手させるだけでなく、欲しいときにご提供します。

入力

  • 生データ:アナログ、ひずみゲージ、熱電対
  • 演算:試験式: Mathematical expression
  • ビークルバス: CAN, J1850 VPW, ISO 9141, J1708
  • GPS: ポジション、スピード、時間
  • 時間:システム時間

トリガモード

  • トリガ:最初のトリガコンディションが真(True)になった後にデータレコード開始
  • ゲート:トリガコンディションが真(True)の時のみデータレコード
  • ワンショット:トリガが偽(False)から真(True)になる時のデータポイントをレコード
  • 常時ON:試験のスタート/ストップ間の全てのデータをレコード

SoMat Data Modes

  • 時系列データ:すべての計測値の連続保存
  • タイムバースト:プリトリガ、ポストトリガをベースにj系列データの連続保存
  • 連続ピークバレー:出力データにピーク(山)とバレー(谷)シーケンスの複数のチャンネルを保存
  • ピークバレーマトリックス:ピークバレー反転ヒストグラムの複数のチャンネルを保存
  • レインフローヒストグラム:レインフローサイクルヒストグラムでの複数チャンネルを保存
  • タイムアットレベル(一次元):複数の入力チャンネルは複数の一次元データチャンネル(bin)を作成し保存
  • タイムアットレベル(多次元)7次元(入力チャンネル)までが1つの出力ヒストグラムに作成され保存
  • イベントスライス:マスタチャンネルトリガを基本にすべてのチャンネルの連続保存

SoMat ビークルバスモジュール

SoMat ビークルバスモジュール は、 SoMat eDAQ や SoMat eDAQlite システムによる計測値を同期させるビークルネットワークパラメータを調整します。サポートするパラメータは以下を含みます。:

  • CAN (J1939)
  • SWC (Single Wire CAN)
  • J1708 (J1587)
  • J1850-VPW
  • ISO-9141(kWP-2000)

GPSと同様にビークルバスチャンネル間の生データ(アナログ、熱電対、周波数を含む)のダイレクト収集を可能にします。1つのモジュールにつき最大254チャンネルまでのレコードができます。

GPS経由のワイヤレス同期

SoMat eDAQ と SoMat eDAQlite システムは、GPSレシーバを内蔵することが可能です。 SoMat eDAQ の独特な特徴として、GPS時刻信号を使用した同期能力が挙げられます。 SoMat eDAQ はGPS時間と同期させ、マスタサンプルレートクロックをじぇねレートすることができます。

このオペレーションモードは多数の SoMat eDAQ をワイヤレスで同期させることができます。例えば、移動中のトラック上にある SoMat eDAQlite は固定された橋上の SoMat eDAQ と同期データ収集でき、または高速鉄道車両はリアルマウントシステムと一緒にデータの同期収集ができます。

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応