光ファイバ自身が計測エレメントを形成

光ファイバ自身が計測エレメントを形成しているため、過酷な計測環境でのひずみ解析に適しています。航空宇宙、地質工学やパイプラインなどのひずみの計測で効率よく、確実な計測が行えます。

システムは内蔵された機能的グリッドを持つシングルモード光ファイバを使用します:

  • HBM FiberSensing OptiMet-OMF (Ormocer fiber)
  • HBM FiberSensing OptiMet-PKF (Coated fiber)

アプリケーション

アプリケーション分野:

  • 実験的応力解析および耐久性試験
  • 航空宇宙分野での試験
  • 自動車工業分野での試験
  • 鉄道関連分野での試験
  • 地質工学分野

見込まれるアプリケーション:

  • スロープのモニタリング
  • 設置されたパイプラインのモニタリング
  • 建設中のモニタリング (トンネルの結合、仰角など)
  • 動的及び静的負荷の計測

電気式ひずみゲージとの比較優位点

  • 計測点毎に見た場合の設置費用と素早さ
  • 周囲湿度や水に対する耐性
  • 交互に与える負荷に強い
  • 試験システムでの使いやすさ、ダウンタイムの削減
  • 7000µm/m又はそれ以上の高応力で試験済み

構成および仕様

図1では、典型的な計測チェーン構造を示しています。

図1: OptiMet OMF および OptiMet PKF の典型的な構造

OptiMet OMFとPKFのは光学特性は同じです:

  • a) ピーク波形 グリッドの反射率が低く最大でも20%である場合):

図2: OptiMet OMFおよびPKFのピーク波形(典型値)

  • b) Gage factor: 0.79
  • c) Core diameter: 6µm @ 1550nm
  • d) Attenuation: 18 dB / km (bidirectional)

これらの光ファイバはいずれも不可変動に対し安定性が高く大ひずみを吸収することができます。

許容温度範囲

それぞれのタイプの許容温度範囲*) は以下の通りです。:

OptiMet OMF OptiMet PKF
-269 to 200 °C -40°C to +100 °C
短時間では最高 +300 °C 短時間では最高 +300 °C

*)上記のデータでは、設置に使用された接着剤は考慮に入っておりませんのでご注意ください。

見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応