オリジナルコンポーネントの計測技術を使用した効率的な車両駆動装置

車両駆動装置は、ドライブトレインとエンジンが完璧にマッチしている時に最高の性能を発揮します。エンジンからギアへ力を伝達する時のトルクが、このコンポーネントの設計を決定します。しかし後から追加的に取り付ける力変換器を使用して計測するにはスペースが十分ではありません

そこでHBMは、お客様ごとに固有のトルク変換器を開発しました。この変換器を既存の機械コンポーネントの代わりに使用することで、全く同一の機械的挙動を持つインテリジェントな計測技術が利用可能になります。

 

最高の精度を求める最近の傾向を受けてHBMが設計/製造したのが、高強度ステンレス鋼でできたモノリシック構造のコンポーネントとしてのFlexplate変換器で、オリジナルコンポーネントの機械的なインターフェースが装備され、最高120℃までの温度範囲に対応しています。

これにより、可逆性誤差を含む直線性誤差では0.1%未満という値を実現しました。最適化された構造と設計により、軸方向力や曲げ力、横力の影響を補正することが可能となりました。データは、デジタルの1 kHzテレメトリー技術により、接点を使用せずに16ビットの解像度で転送されます。

優位点を一覧で

  • 空間中立的な計測デバイス
  • ドライブトレインの機械的な挙動には変化を与えない
  • 継続的な長時間耐久試験が可能
  • 許容温度範囲 -20 °C から + 120 °C
  • 継続的操作に強い堅牢な変換器
  • EMC対策済み
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応