オープンオートメーションアプリケーション向けに産業用重量測定システムを確立

重量計測技術は、物流や商取引の多くの分野で重要な役割を果たします。たとえば、バルク材料を測定または投入する際には、一般的に自動計量装置が使用されます。

HBKは計量技術のコンポーネントとシステムを提供し、充填システムや投入システムに柔軟に重量計を統合することができます。この典型的な例として、デジタル計重計の電子機器とターミナルが挙げられます。さまざまなフィールドバスインタフェースの実装に使用されるオプションのフィールドバスモジュールは、さまざまなオートメーションシステムへの統合を簡素化します。

ドイツでは、商取引で使用される計量機器は検定する必要があります。この検定(適合宣言)の理由の 1 つは:「 公正な取引を推進するために商取引の正確な測定環境を確立する事です。」(www.eichamt.de) 重量計測にもとずく商取引が行われる場合は、重量計を不正に操作する可能性があります。例えば、船が貨物を搬送し上陸させると、自動計量装置は数百万ユーロもの価値がある商品を高速で計量します。

したがって、ドイツと欧州連合では、一連の法律と規制に従って、商取引で使用されるすべての計量機器が検定されます。欧州測定機器指令 MID 2004/22/EC の要件は、ドイツの法律で重量測定法によって実施されています。

デジタル計量技術の利点

最新の計量機器には、 HBM の FIT ® ロードセル( Fast Intelligent Transducer )などのデジタルロードセルがますます利用されています。ここでは、測定値はロードセル内で直接デジタル化され、ディスプレイおよび評価ユニット(いわゆる重量測定器)に転送されます。デジタルデータ転送の大きな利点は、測定配線上で実質的にアナログ的干渉がないことです。

送信中に測定値が不正に操作されないようにするには、値を暗号化するのが適切です。HBM のシリーズ WTX110-D デジタル計量ターミナルは、例えば C16i デジタルロードセルと組み合わせて使用することで、法律に基づいた不正操作防止計量機器を設定できます。

また、デジタルロードセルは、実際の測定値に加えてステータスおよびエラーメッセージも転送するため、資産および施設の管理を同時に実装することは非常に簡単にできます。故障したセンサは、必要に応じて簡単に識別して交換できます。これにより、サービスとメンテナンスのコストが大幅に削減されます。

さらに、校正作業を含む完全な測定チェーンは、現地または 、PanelXや WTX 携帯アプリを使用してリモートで簡単かつ独立して設定できます。HTTPS 暗号化により、すべての通信データが最適に保護されます。

数分でオフセンター負荷補正

計量エレクトロニクスには、オフセンター負荷エラーに対する電子補正があります。機械的なオフセンター荷重エラーを補正するために、各コーナーに荷重センサが分散配置されます。このプロセスには数分しかかかりません。アナログスケールの場合と比べて、時間を大幅に節約できます。アナログスケールの場合は、 2 ~ 3 時間かかることがあります。

 

制御システムとの通信

産業用の用途では、計測機器は、フィールドバスまたはシリアルインタフェースを介して PLC に基づいて自動化されたシステムに統合されることがよくあります。たとえば、Profibus/Profinet/Ethernet/IP や EtherCAT などです。最新の HBK計量エレクトロニクスは、標準イーサネット( TCP/IP )を介してデータと測定結果を Windows PC ベースのアプリケーションに転送するための無料のドットネットベース計量 API ( https )も提供しています。  いわゆる自動計量装置は、通常、オペレータの介入なしに機能します。測定プロセスが自動的に開始および停止します。そのため、このタイプのスケールアプリケーションでは、計量技術が最新かつ安全なインターフェイスとバスシステムを介してコントローラと簡単に通信できることが特に重要です。これは、まず計量機器の機能を制御し、次に測定値を読み取って処理を継続するためです。

簡単に統合できるデジタル計量技術

HBK は計量技術の優れたシステムパートナーであり、ロードセルから対応する計量機器まで、高精度産業用途に必要なすべてのコンポーネントを提供しています。ほとんどすべての産業用計量アプリケーションに実装できます。

WTX110 計量ターミナルの幅広いオプション(特に通信用)により、計量技術を PLC や PC などの主要な制御システムに統合し、携帯式アプリケーションの最新のスマート計量技術に統合することが容易になります。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。