MVD2555 - パネルマウント型 搬送周波数アンプ

MVD2555は、力、圧力、変位、トルク、どんな変換器も接続が可能で、テストベンチ、オートメーション、組み立て工程の計測タスクをより簡単に、そして正確に行います。搬送周波数技術を用い、安定度が高く、外部の干渉を受けにくい構造になっています。

幅広い計測周波数帯域と、ステップ付きデジタルフィルタにより各計測タスクに対して最適な設定が可能です。標準的なアンプの機能に加えて、2つのミニマム/マキシマム保存機能、4つのリミットスイッチ、PLC対応出力を備えます。計測出力は、可変アナログ出力とシリアル RS232Cインターフェースを通して伝えられます。自由にプログラム可能なコントロール入力と出力は、オートメーションシステムとの円滑なコミュニケーションを可能にします。

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応