チェックしてみよう!工業用テストベンチ用アンプの選定-5つのポイント

製造ラインの品質保証の工程でアンプの使用は不可欠です。工業用アンプを選定する際には、どのようなことを考慮すればよいのでしょうか?このレポートでは、工業用アンプ選定時の注意点を紹介します。

今日、たくさんの完成品が、それらが提供する性能向上や革新さに最新の注意を払って特徴づけられています。例えば「効率性を実現する」とか「使用する材料の重量削減」などです。製造工程への洞察は絶対的な生命線となっています。

より高いサンプリングレートの試験計測機器が使用された製造工程では、より良い分解能と最小偏差を認識する可能性がもたらされます。

新しい工業用アンプシステムの決定について、これからご紹介する5つの主要な要素をご考慮いただくと、それらの特徴に関してお客様の希望に合った選択ができることでしょう。

そのアンプは必要な精度を提供していますか?

それは、きわめて重要な正確性と耐干渉性のコンビネーションです!


計測精度を向上させることは、製造工程内での洞察をする際の必須条件です。これは製造工程での許容限界を確実にし、ラインの安全活用とダウンタイムの予防をします。


ここで、試験計測分野で名高く経験豊富なHBMからお客様に得ていただけるメリットは: HBMが確実なDAQ製品のグローバルマーケットリーダーであるということです。HBMのアンプに使用されている耐干渉性に優れた搬送周波数 (CF) は、TEDSを介した自動変換器認識によって、さらなる正確さと確実性を一体化しています。

そのアンプのサンプリングレートは満足するものですか?

速い計測値がサンプルされると、より正確な解析が可能になります。


もしサンプリングレートが遅すぎると、情報のロスが多く、計測エラーさえ起こしかねません。このような状況では、計測結果が使えません。


HBMの 新製品 PMX 工業用アンプ は、チャンネル毎に19.2 kHzというとても高いサンプリングレートを提供します。 このアンプは16の計測チャンネルと演算用の32の内部チャンネルに適応します。言い方を変えると、最大3kHzまでの速いシグナルと全ての信号の同期をかなえる高い計測帯域を提供します。製造コントロールデータと情報のロスは過去の物となります。

そのアンプは「内蔵インテリジェンス」を提供しますか?

"内蔵インテリジェンス(Integrated intelligence)" は、品質評価アルゴリズムや演算をアンプ自身が製造モニタリングに行います。

これは例えば、誤差ウィンドウのモニタリングや内蔵された数式、または制御機能への論理演算などを含みます。さらに精度に加えて、工業用アンプに内蔵されたソフトウェアで提供される “インテリジェンス“ と“学習能力“は、お客様の製品に市場での差別化を提供します。

PMX はその革新的なソフトウェアによって素早いスタートを許容し、設備を守ります。それらは最新のブラウザとサーバー標準をサポートします。PMX はお客様に、広範囲な機能のパッケージをお求めやすい価格でご提供します。

そのアンプは最先端のリアルタイム技術に対応していますか?

工業用イーサネットは自動化生産においてはメガトレンドとなっています。

 


リアルタイムコミュニケーションシステム
は製造システムでどんどん利用されてきています。“人“ と “機械“ のコミュニケーション手段や、マシーン内の製造工程、コントロールシステムはより一層速くなってきています。 工業用アンプにとって、切れ目無くこのコンセプトにインテグレートされることが必要不可欠です。


PMX は、オートメーションシステム内の様々なコモンスタンダードに、標準の工業用イーサネットリンクを提供します。

そのアンプはお客様の製造環境の中に組み込み可能ですか?

中央集中型か分散型かに関わらず、アンプモジュールは製造システムの中で使用されます。最新の工業用アンプは、モジュラー構造と拡張可能なセットアップの両方を提供します。


お客様の工業用アンプを選択される際は、是非、そのシステムの拡張性をご確認ください。お客様の製造ラインの変更・向上とともに、プラグインカードや拡張システムによってそのアンプが一緒に“成長“できるかは大きなポイントです。


ソフトウェア環境はインテグレーションに対してシステムをオープンにしていますか?最新のシステムはプログラミングライブラリをしばしばオープンにします。これはユーザーに、プロパティユーザーインターフェイスの生成や機能拡張を実現させます。これはお客様のノウハウを保護するだけでなく、変化する将来への備えとなります。

PMXは最新のアンプシステムで、工業界で新しい工業用スタンダードを打ち立てています。是非一度、手に取ってみてください。

こちらからご要望をいただけましたら、製品を持ってデモにもお伺いいたします。

 

5つの決め手になる要素

  • 精度
  •  サンプリングレート
  •  内蔵インテリジェンス
  •  リアルタイム技術
  •  製造環境へのインテグレーション
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。