マルポール条約附属書VI(船舶による大気汚染防止規則): 計測精度が悪すぎると技術の進歩が阻害されます

有害排気の減少とエネルギー効率の改善: 国際条約であるマルポール条約附属書VIは、全世界の造船業に対して温暖化ガスの大幅減少を要求する条項を含んでいます。船舶用エンジンの開発者は二重の課題に直面しています: 新しい効率の良い推進システムを開発するだけでなく、試験計測の方法を改善し最適化することを求められています。

新型の船舶エンジンの効率テストを行うためには、従来の方法で達成できる計測精度では全く不十分です。HBMの試験計測用のトルクフランジが、この精度の問題を解決しました。

高精度な計測が得られる新方式

世界中の船舶エンジンの主要メーカーは、強力で高効率の推進システムの開発に取り組んでいます。これまで使用された推進エンジンの出力を決定する方式に問題があります: レバーアームと力センサの組み合わせが、駆動トレインでトルク計測をするのによく使用されています。

この方式に関する問題点: 測定誤差が非常に高いので正確な数値が得られない場合が多い。今求められている新しい開発目標を達成するためには、開発者や試験技術者は測定誤差が小さく信頼できるデータを必要とします。

このため、世界中の造船業者が代替手段としてトルクフランジ技術の採用を開始しました。この技術により、システムの定格出力値を非常に正確に取得することが可能になりました。このテストセットアップの総合精度(測定不確実性)は、1%を大きく下回ります。

また、例えば船舶エンジンで起こる高トルクの発生も問題になりません。トルクフランジは、標準またはカスタムソリューションとして、あらゆるテストベンチに使用できます。 高トルクアプリケーションに関する詳細情報へのリンク

トルクフランジをエンジンに直接搭載してトルクを計測

また、従来のエンジン効率を改善することに加えて、造船業界では新方式の推進システムの開発が進んでいます。この点に関しては、ガスエンジンが特に重要です。ガスエンジンは非常にクリーンで効率的な燃焼が行えるので、伝統的なディーゼルエンジンを置き換えることができます。しかしながら、ガス駆動の船舶エンジンは、運転中の損傷を防ぐために非常に正確に制御する必要があります。

ここでも、トルクフランジが理想的な解決策を提供します。トルクフランジはドライブトレイン上に直接設置でき、誤差の小さな計測データを一貫してエンジン制御システムに供給できます。

マルポール条約附属書VIは世界中の造船業界に厳しい環境基準の順守を求めています。この基準の順守はトルクセンサと技術革新で可能になります。

Contact the HBM measurement experts NOW!

See HBM's solution for high capacity torque measurements...

SMM Shipbuilding Marine Technology Fair in Hamburg

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。