ひずみ応力測定/ひずみゲージ 原理と使い方

ご登録内容

2016年6月17日よりHBMのユーザ登録システムが更新されました。

システム更新に伴い、資料ダウンロードをご利用のすべての方にユーザ登録/再登録をお願いしております。

ひずみ計測で60年以上の実績をもつドイツの計測器メーカーHBMが、お客様からのよくあるご質問をベースに、一般的なひずみゲージ技術の原理や使い方と応用事例をまとめて紹介します。電気式技術に加え、HBMの製品ラインナップに加わった光学式ひずみ計測技術(光ファイバ式センシング)についての情報も最新アプリケーションとしてご紹介します。

このページで学べること

  • ひずみゲージの正しい選択と貼付方法
  • ひずみ測定の注意点
  • 収集したひずみデータの分析
  • 永久保存版のガイドブック2冊をフリーダウンロード
  • HBM ひずみ応力測定の成功事例/アプリケーション(光ファイバセンシングを含む)

 初めての方へ ・・・ 応力解析の基本的な考え方

Strain Measurement Articles


10 Tips To Make Your Strain Gauge Installations Go Quickly & Effectively

When you need to measure strain on an object, you are often doing so in a short timeframe. If the strain gauge is improperly installed, you can receive false measurements, which may cause you to spend even more time correcting these mistakes.

Strain Measurement Videos


Latest Articles

ひずみゲージの選択

「 ひずみゲージは、どれを選べばいいの?」

様々な種類のひずみゲージがあります。ご利用のアプリケーションにはどのようなひずみゲージが適しているのでしょうか?

ひずみゲージを接着する際にもっとも注意したいのが適切な接着剤の選択です。正しい接着剤を選択し、正確なデータ伝送、化学的安全性、高い安定性を確保しましょう。

収集したひずみデータの分析

収集データを効率よく分析する方法は?(使用機種:QuantumX1615BとcatmapnAPソフトウェア

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。