光ファイバ式センサを用いたひずみ計測の基礎

ファイバブラッググレーティングセンサを用いたひずみ計測

ファイバーブラッググレーティング(FBG)センサは、応力解析の分野でますます注目されています。強化ガラスや炭素繊維など、新素材には特に適した計測手法であり、航空機や発電所など非常に高い負荷のかかる構造物の計測に利用されています。

この技術資料は、FBG光ファイバ式センサに関する簡単な説明とその特長をポイントにわけてわかりやすく説明し、ひずみゲージによる計測とFBG光ファイバ式センサによる計測を同時に実施できる計測システムについて解説します。信号変換やロゼットゲージによる演算、フィルタ機能、フーリエ変換、自由に定義できる演算式など、本来ひずみゲージ用に開発されたデータ処理機能のすべてが光信号にも適用されます。

フレキシブルFBGひずみゲージによる表面ひずみの検出

記事をダウンロードできます:「フレキシブルFBGひずみゲージによる表面ひずみの検出」Jochen Maul、Tobias Kipp 共著

この記事では、新しいクラスのフレキシブルFBGひずみセンサ、及び関連するファイバブラッグ温度補償ゲージを紹介します。このひずみ検出装置の特性と長所、及びその実用性についての概説です。

タイトル/詳細言語
Tech Notes
English

おすすめ情報

関連製品情報

OptiMet
省スペースでの多点ひずみ計測に:光ファイバにFBGエレメントを組み込まれた一体型の光ファイバセンサ
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。