力計測に関する最新テクニカルノート

力計測に関する最新動画

力計測用語集

HBMの実用オンライン用語集で力計測分野の重要な技術用語が調べられます。

用語集を開く


HBMの力計測製品


圧電式とひずみゲージ式 - 力の計測に適したセンサはどちら?

動画:プロセス制御のための力計測 - 種類と特長
プロセス生業のための力の計測手法

圧電式計測チェーンにガルバニック絶縁を採用
チャージアンプからアクセサリに至るまで、圧電式製品のPacelineシリーズは実用性を重視した設計になっており、特に設置においての特長は、サミングボックスやチャージアンプの筐体が、同軸ケーブルのケーブルシールドに対してガルバニック絶縁されている点です。

高い初期負荷の影響下で微小な力を計測
実際のアプリケーションで良くあるのは、使用する力センサに高い負荷が最初からかかっているが(初期負荷)、その初期負荷は計測の目的ではない場合があります。 本文は、初期負荷に加えて変化する非常に小さい力を計測するアプリケーションについて述べます。

ストレインゲージベースの力変換器
ストレインゲージ(ひずみゲージ)を使用した力変換器には、いわゆるスプリングエレメントまたは計測対象となる力が加えられて荷重を受ける部品が装備されています。

Piezoelectric force transducer: 5 rules for installation and mounting
圧電式力センサの設置に関する5つのルール。 生産、検査、研究開発などの工業用のアプリケーションにおいて、 圧電式力センサ(フォースセンサ) は、非常に優れた特長を持っており様々な分野で使用できます。

圧電効果とその応用
圧電技術の概要を解説する技術資料です。「圧電効果とその応用」をダウンロードして、圧電技術の基礎を学んでください。

力センサは、圧電式(ピエゾ式)?それともひずみゲージ式?
力計測の世界では主流なセンサは2種類あります。圧電式(ピエゾ式)とひずみゲージ(SG)式です。どちらがより適切なのでしょうか?それぞれの特長を解説するページです。

フォースシャントによる計測、すなわち力センサを一切使わない力の計測方法とは?

フォースシャント(力の分岐)による力計測:3つの方法
力センサで力を計測すると最高の精度が得られます。しかし、場合によってはフォースシャントを利用して力を計測した方が良い結果がでることがあります。このような場合には、それに適した特殊センサがあります。この技術レポートはフォースシャントで力を計測する3つの方法を紹介します。

計測チェーンの校正
フォースワッシャの取り付け後は、信頼性の高い感度の決定が可能になるようフォースワッシャの校正を実行する必要があります。

正しく力を計測するためには、試験機や計測器をどのように構成するのがいい?

PMXアシスタント機能- センサの調整が簡単に
PMXのアシスタント機能で、センサの調整が簡単に、効率よく行えます。

力センサとアンプの接続
当たり前のように行っているアンプとセンサの接続。実は気を付けていただきたいポイントがいくつかあります。この動画のテーマは力センサとアンプの正しい接続方法です。HBMのプロダクトマネージャーが重要なポイントをステップ別にわかりやすく解説しています。 確かな計測結果を得るためにもっとも重要なことは、シンプルなステップを正確に丁寧に行うこと。この機会を利用してぜひ力計測の基礎の基礎をご確認ください。

力センサの電気配線における注意事項
ひずみゲージ(SG)を組み込んだ力センサが広く使用されています。 設置環境が悪くとも信頼性の高い運用ができるのが特長です。筐体の設置に関しては、力センサの設置 に解説してありますのでご参照ください。 ここでは、電気的な配線について述べます。ひずみゲージをベースにした力センサは、いわゆるホイーストンブリッジ回路を使用しています。このブリッジ回路は4個の抵抗からなり、以下に示すように結線されています

力センサ | 力変換器の設置
力センサの計測精度は、設置状況に大きく依存します。好ましくない設置状況は、計測精度だけでなく、計測チェーンの動力学的特性や電磁場の影響に対する感度にも悪影響を及ぼします。

計測の不確かさに関して考慮すべき事柄とは?

高精度は高効率
Highly accurate transducers enable completely new applications in force measurement technology: technological masterpieces, solid economic advantages.

新しいアプリケーションへのカギ: 精度
HBM製のS2Mのような高精度の変換器を使用すると、多くのメリットがあります。精度クラス0.02のセンサにより、高い機械的余力を備えた力計測チェーンの設計が可能になります。

Webinar: Measurement uncertainty in force measurement


力計測についてのWEBセミナー&セミナー

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。