QuantumXにより、最高の品質基準に適合する3G通信ネットワーク中の銅含有量を確保

ほとんどワイヤレスが使われているモバイル通信の世界も、信頼性の高いケーブルに依存しています。特に、モバイル送信ステーションを接続する必要がある場合は不可欠です。最新の3G通信ネットワークでは幅広い技術的なオプションが得られますが、その一方でケーブルにも最高の基準が要求されます。ある中国の製造メーカーは、品質保証活動においてHBM 製のQuantumXに信頼をおいています。

ある中国の製造メーカーは、自社の銅加工プロセスで非常に高い精度を実現するためHBMに切り替えた結果、最新の3G通信システムの要件により優れたレベルで適合することが可能になりました。

ある中国の製造メーカーは、自社の品質保証活動においてHBM製のQuantumXを信頼しています。

ある中国の製造メーカーは、自社の銅加工プロセスで非常に高い精度を実現するためHBMに切り替えた結果、最新の3G通信システムの要件にもより優れたレベルで適合できるようになりました。

この製造メーカーでは、ローラー式圧延機(roller mill)を使用して銅を加工し、薄いストリップを作って同軸ケーブルや3Gシステム用のベルトに編み込んでいました。

ところがストリップの肉厚に変動があるために深刻な信号減衰が発生し、送信中に通信が失われる可能性がありました。

当初は、生産ラインに肉厚検出器を取り付けていましたが、この方法では要求される高レベルの精度を実現するためには不十分なことが判明しました。

6億人民元(8,790万USドル)の生産高を誇るこの製造メーカーは、まさに重大な課題に直面していたのですが、それを解決したのがHBMでした。

チャンネル当たり96 kHzという非常に高いサンプリングレートを持つHBMの QuantumX MX410 を設置して加速センサに接続しました。

これにより、ローラーミルの振動に変動が発生しても直ちに検出することが可能になりました。

QuantumX MX410は、肉厚検出器の出力電圧信号における変動のモニタリングにも使用されており、さらに加速度、圧力、力、変位、電圧、および電流の信号用センサに接続されています。

信号はすべてEthernet経由HBMの catman®AP データ収集および解析ソフトウェア に転送され、各ワークショップごとのオンライン制御を使用してリアルタイムでFFTの演算結果が得られます。

このアレンジメントにより、故障したローラーを簡単に検出できるので、一貫して高い精度の銅ベルト生産を維持するために必要な改善措置を講じることが可能となります。

この製造メーカーのメンテナンス技術者は、次のように語っています。 

「以前は、こうした品質上の問題に直面するとどうしようもないと思っていましたが、今ではHBM製の計器があるので故障した機器を簡単に見つけ出すことができます。これで製品の品質を確保できる上に、大きな損失も避けられます。」

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。