オーストラリア最大のワイン生産地で使用されるのは、HBM製ユニバーサルZ6ロー

湿度が高い上に高温になる加工済み材料 - オーストラリアの Accuweigh 社は、堆肥工場での過酷な条件に対応するため、HBMの計量技術に依存しています。

シングルトンの町は、数百万の人口を抱える、あのオペラハウスで有名なシドニーの中心部から200Kmほど北西に位置しています。1820年にベン ジャミン・シングルトンによって創設されたこの町は、オーストラリアで最も古い町の一つです。近代建築と歴史的建造物が混在するこの町には、一種独特の雰 囲気があります。シングルトンはオーストラリア最大のワイン生産地であるハンターバレーにも近く、そこには全国規模で経営している大企業から小規模のファ ミリービジネスまで何十というブドウ園があり、シラー、シャルドネ、カベルネ・ソービニヨン、ピノ・ノワールといった品種を栽培しています。また、この地 域は、ハンターバレーの微気候条件で特に良く育つセミヨンという個性的な品種で特に有名です。地域の景観は、高温と乾燥、そして植物の生育期間と収穫期に 降る豪雨によって特徴付けられています。

シングルトンの人工は約13,000人で、その地域社会は、主として石炭による火力発電所と地域内で造園やワイン生産に携わる人々によって構成されています。

シングルトンが土壌改良用のたい肥(compost、コンポスト)を生産する GromorEnterprises 社が目指しているのは、短期間での、しかも有機的な作物の生育です。ダイナミック重量チェッカー( dynamic checkweigher )により、顧客は常に正しい分量のコンポストを確実に提供しています。

計量技術への高い要求

GromorEnterprises 社で使用する計量機器には厳しい要求が突きつけられます。高湿度の加工済み材料(堆肥の保水容量は非常に高い)がもたらす高い相対湿度と高温は、以前に使 用していた試験機器の能力を超えていたため、完全に故障してしまいました。故障した計量機器の交換を委託されたのは、南オーストラリア州の州都アデレード にある1992年創立の Accuweigh 社です。社員65人の Accuweigh 社はオーストラリア全土に数カ所の支店を持ち、高品質の製品に加えて、プロフェッショナルなサービスやソリューション一式を顧客に提供しています

詳細な調査と現場条件の査定を行ったところ、ここでの要求を満たすことができるのは高品質の計量技術だけということが明らかになりました。そこで Accuweigh 社は、HBM製計量機器の使用を決定したのです。

業務用Z6ロードセル

Accuweigh 社は、C3の精度と100kg(220.46lb)の最大容量を持つ  業務用Z6ロードセルの使用を決定しました。卓越した計測精度に加えて、その頑丈なデザインが決定の決め手となりました Accuweigh 社のニューカッスル支店で業務用機器の販売を担当する JasonAllen 氏は次のように述べています。

 「この機種を選んだ最大の理由は、ステンレス鋼を使用した設計と気密シーリングによるIP68保護等級です。そして私たちにとって特に重要なの は、Z6が使用している対干渉性6線回路です。計測器までの距離が合計で30メートルを超えていますからね。互換性のあるロードセルの多くは、ケーブル長 の影響を効果的に解消するような、センスリード線を含む回路を提供していません。」

ATEXバージョンも入手可能

Z6ロードセルは Accuweigh 社が使用する最大容量でも利用可能で、さらに5kg(11.02lb)用のものから、最大で1トン用まで用意されています。また精度についても、4種類の 異なるクラスとして、D1、C3、C4およびC6があります。利用可能な用途は広範囲におよび、プラットフォームスケールやタンク計量用の計量モジュール での使用も可能です。オプションで入手可能なZ6ロードセルのATEXバージョンは、爆発する可能性のある気体内でも使用できます。最先端の製造技術によ り、すべてのバージョンを確実かつ容易に設置することができます。シングルトンのプロジェクトは、ほんの一例に過ぎません。

「この用途には理想的な選択肢」

このプロジェクトについて、シニア・テクニシャンの CraigMcgaw 氏は「固定ポイントがすべて以前使用していたロードセルと同じ位置にあったので、Z6の設置作業は非常に簡単でした。」と述べています。また JasonAllen 氏は、今回と同様の条件が求められる将来のプロジェクトでも、Z6ロードセルを使用することを確信しています。「Z6は高品質ですから、この用途には理想 的な選択肢ですね

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。