バルセロナのトンネル内面セグメントの現場荷重テスト

工業大学(UPC)の科学者達が、スペインのバルセロナにある2層式の地下鉄 路線“L9”の建設中に、荷重テストをどのように実行したのかについてご紹介します。鋼繊維で補強したコンクリート製トンネルセグメントの荷重性能を解析 するためにエンジニア達が使用した方法は、非常に複雑なものでした。

長期にわたって異なる圧力を受けた時に、トンネルセグメントが示す挙動を記録する目的で200個以上の変換器を使用しました。試験設備が非常に複雑なことと、精度上の要求が非常に高かったことから、試験を成功させるためには適切な圧力送信機の選択が非常に重要でした。この課題をエンジニア達はどのように解決したのでしょうか。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。