あふれる知的なディテール - KOSME グループが充填機に FIT® を装着

最初は何気ないことのように見えますが、よく見てみると業務用スケールの上で液体を静かに注ぐことは非常に複雑な作業です。例えば、ここではほんの一瞬の間に、数え切れないほど多くの測定や確認を行う必要があります。これによって作業の流れが妨げられてはならず、さらに理想を言えば、測定を継続的に最適化する必要があるのです。こうした困難な課題こそ、 KOSME グループにおあつらえ向きだと言えます。現在、この充填機と包装機の製造メーカーは、新世代のインテリジェントな充填機で問題に対応しています。そのための秘密兵器が、HBM製の FIT® デジタルロードセルです。

プラスチック、ガラス容器、缶などへの液体の充填、さらにそうした容器へのラベル付けや包装も行う、充填機の世界的なマーケットリーダーであるクロネス株式会社(Krones AG)の子会社として、 KOSMEグループ は、包装と飲料の分野で高い競争力と信頼性を備えたソリューションを提供しています。最近では、革新的なデジタル計量技術を装備した新型 WEIGHFILL正味重量充填機 を、HBM事業部と共同開発することでその実力を証明しています。

 

KOSME、液体をタンクに入れる

KOSMEは、特殊用途に使用する低圧保管タンク付の新しい WEIGHFILL充填機 を開発しました。このタンクは簡単に洗浄して消毒ができるため、充填する材料の迅速な変更が可能です。泡立っていたり、流れやすかったり、あるいはどろどろした液体でも、粘着性のある液体や、伝導性および非伝導性がある液体のように、簡単に注ぐことができます。これを可能にした要因の一つは、インテリジェントでしかも頑丈なHBM事業部の計測技術 FIT® デジタルロードセルです。FIT®ロードセルがカットオフポイントを監視して制御してくれるので、ボトル詰め行程を恒常的に監視し、最高の精度を維持するための最適化を行うことができます。充填行程を開始する前に、各タンクごとに十分な風袋重量があるかどうかを確認します。この作業により、欠陥のあるタンクや許容できない材料を入れたタンクがボトル詰め行程に含まれていないことを確認します。

…HBMは、充填機におけるプロセスインテリジェンスに欠かせない一部分

充填プロセスの全段階 - チャージングから、ゼロイング、微流、さらに粗流、リフロー、そして最終的なチェック段階まで - HBMのデジタルロードセルは、こうした重要な作業を KOSME 製の新型正味重量充填機内で実行します。 FIT® ができるのはこれだけではありません。市場に出た最初のデジタルロードセルとして、 FIT®は複雑な充填プロセスを制御するためのエレクトロニクスを内蔵しています。それは実際には何を意味するのでしょうか。インテリジェント・ロードセルは、単に重要な計測値を提供するだけではなく、その計測値を分析し、さらにその分析結果を利用して継続的にボトル詰めプロセスを最適化するのです。つまりFIT®は、風袋重量と新開発の充填バルブを制御し、充填プロセスのすべてを管理します。

これと並行して、デジタルロードセルは充填サイクルのステーションをすべて査定して、充填中に最良のカットオフポイントをリアルタイムで識別します。しかもFIT®ロードセルは、充填を行うたびに学習を繰り返し、その有効な知識を使用して自動的に充填結果を最適化してくれます。
ロードセルのメリットは明らかです。自己学習能力を備えたデジタルロードセルによる継続的な改善は、特定の充填工程内における時間のコストや節減にとどまりません。例えば、完璧な充填を実現するため、温度の変化と、それに関連した充填材料の挙動の変化をそれぞれ個別に補正します。さらに、様々な充填量に備えて32種類のパラメータセットを EEPROM に保存することが可能です。これは停電があっても安全であると同時に、異なる分量や材料に対して、すばやく簡単にプラントを転換できることを意味しています。

「FIT® はあらゆる充填タスクに対応した高性能の最先端技術!」

恒常的な高湿度環境での使用を想定して設計された FIT® デジタルロードセルは、デジタルでの出力および入力も備えているだけ でなく、診断チャンネル用として使用可能な独立した RS485BUS も装備しています。こうすることで、エラー回復のための永続的な解析が可能となります。このロードセルには、エレクトロニクスがすべて内蔵されているた め、充填プロセスを制御するための追加的なエレクトロニクスは必要ありません。したがってこの革新的な FIT® ロードセルは、標準的なソリューションに、最大の柔軟性と幅広いアプリケーションのメリットを組み合わせたものだと言えるでしょう。HBMが無料で提供しているAED Panelソフトウェアは FIT® に完全に適合しており、これによって操作がずっと容易になります。例えば、システムの振動を検知してフィルターで除去することも簡単ですし、検量ユニットの校正とパラメータ化といった作業も可能です。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。