TÜV SÜD Railでは、氷河特急にQuantumXを使用

オリエント急行やシベリア横断鉄道と同様、ベルニーナ特急と氷河特急に乗ることは世界中の鉄道ファンの夢です。2008年の夏、TÜV SÜD Railの検査官にとって、この夢は現実のものとなりました。レーティシェ (Rhae-tian) 鉄道を代表して、検査官らはこの鉄道会社が海抜1,000メートルの高さに作った鉄道網に沿い、フラットカートレイン(自動車運搬用列車)に乗ってテストを実施しました。テストの高い要求にもかかわらず、このテストには最新型のHBM社製ユニバーサルデータ収集アンプシステムQuantumX が使用されています。

レーティシェ鉄道が運行されているのは、スイスのグラウビュンデン州です。様々な地方ルートに加えてこの鉄道では、1999年以来、長さ20キロのフェライナ(Vereina)トンネルを通過するカートレインも一年を通して運行しています。

もちろん運搬している乗客と車の安全は最優先事項であり、2008年の5月と6月に TÜV SÜD Rail のエキスパートの手によって、安全点検が実施されました。総合的な計測の中でも特に重視されたのは、運転中の集合的な負荷の決定でした。

鉄道の安全性を確実のにする TÜV SÜD Rail …

ドイツに本拠を置く第三者試験認証機関であるTÜV SÜD Rail は、これまで数年間にわたってヨーロッパ全体の鉄道会社にサービスを提供しています。この会社が重点を置いているサービスの一つに、様々な条件下における鉄道列車とその構成部品に関するテストと計測があります。テストベンチ上だけでなく、スケジュール通りの運転中にも計測は実行されます。この定評あるTÜV SÜD という試験機関を、計測と処理や、物理的な計測量の評価を行うための計測機器などでサポートしているのがHBM社です。 

… 手荷物の中に収まるサイズの QuantumX

レーティシェ鉄道のフラットカートレインの検査では計測技術に関連した要求事項が非常に複雑だったため、 TÜV SÜD Rail はあらゆる分野で QuantumX を使用しました。

輸送する列車の寸法と運転条件(車を積載した時の重量など)で、計測機器を積むためのスペースがほとんど無くなるなどといった、列車の計測で典型的に見られる困難な条件下でも、HBM社が開発したユニバーサルデータ収集システムにより、精密な計測が可能になりました。

計測対象となった輸送用の貨車は列車全体の中程に配置されていますが、計測の担当者が占有できるのは列車の最後部にある制御室しかありません。しか も約 100 チャンネル、 1200 Hz のサンプリング速度を使用した計測の継続時間は20~30分程かかるため、1回の計測当たりのデータフローは500MB を超えていました。

こうした条件下では、従来から使用されている計測技術での計測は不可能です。比較的大きなアンプ技術では、制御室内に設備を置く必要があり、したがって複雑なケーブル経路を使用した長いケーブルを設置しなければなりませんでした。

ところが、これに代わるAD変換(アナログ・デジタル変換)では、デジタル化したデータの転送を使用して計測対象を直接目標にするため、解決策としては大幅な単純化が可能となりエラーの危険性も低下します。

この様な理由から汎用性と柔軟性の高いシステムが求められ、AD変換に加えて、センサおよびフィルタへの信号もシステムによって行うことが可能にな りました。しかも、これらすべてがフラットカートレインの下に設置可能なサイズで実現できたのです。これが QuantumX と呼ばれるソリューションです。

"QuantumX だからこそ、初めて計測可能になりました!"

QuantumX ユニバーサルデータ収集アンプシステムは、車両の下の様々な場所に設置されました。 こちらをクリックするとイメージをご覧頂けますQuantumX モジュールは、1本のケーブルで電源供給および時間同期システムに直接連結されています。モジュールからの計測データは、星形のEthernet (TCP/IP)ネットワークおよびこれに対応した Ethernet スイッチを経由して収集され、次に列車最後部の計測室にあるノートパソコンに転送されます。センサ類とQuantumX 計測アンプの取付に要した期間はたったの1週間ほどで、これによってセットアップの期間が40%も短縮されました。その後、毎日列車の構成を新しくし、さらに毎日数種類の荷重条件にて、4週間近くにわたり計測作業が行われました。

The Customer

TÜV SÜD Rail

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。