ロッキード•マーチン(Lockheed Martin)が近代的な力センサ校正センターを設立

経済的なうえに高精度な力センサは、その性能を確保するために、ほとんどの航空宇宙センターが、独自に大規模な計測を行なっています。信頼性の高い力センサは、航空宇宙部品構造テストの心臓部であり、部品の完全性、性能、安全性を維持するために不可欠です。

ロッキード•マーチンは、John C. Stennis宇宙センター、米国、ミシガンに新たな測定センターを開設し、最高の基準を満たすように、力計測部門を設置しました。研究室は試験・研究所認可を行う全米審議会(AALA)からの認定を受けています。

高精度力センサの米国デビュー

新たな測定センターの中で最も重要な装置はTOPトランスファー力センサとHBMの高精度アンプDMP40です。TOPトランスファー力センサはヨーロッパの国家計量研究所ですでに使用されています。ISO376クラス00準拠の、最高の力センサよりも10倍以上正確です。数ある国家校正機関の校正値を比較検証するために、校正ピラミッドの一番上にあるアプリケーションとして開発されました。

研究室は、全世界で100以上あるロッキード•マーチン施設からくる力センサを校正します。 また他の企業のためにも校正サービスを提供しています。

250tまでの定格力センサを校正

LMIMCは校正を実行するために2台のMorehouseの力プレス機を使用しています。2台のプレス機とHBMのすべての基準トランスデューサは、引張力と圧縮力の両方の試験用に設計されています。関連するアナログ計測信号は、HBMのDMP40高精度アンプに送られます。このアンプは、0.0005%の精度と2,000,000桁の分解能での計測値を処理します。

校正する力センサの中には、手のひらサイズから重量約230キロのものもあります。公称負荷は数グラムから数トンの間にあります。

精度を同様に高いレベルを維持しながら、スループットを向上

計測レンジを切り替えるのは、迅速かつ簡単です。なぜなら、計測アンプは、8つの負荷範囲に対してプログラム可能なうえ、HBMcatman®計測ソフトウェアがインストールされているからです。

 

 

高精度計測パッケージ、より正確な検査

HBMのTOP力センサの、米国市場ではまだ新しい存在ですが、ヨーロッパの国家計量研究所参照標準として、また国際力測定の比較ために長年使用されてきました。その再現性は、ISO376で要求されるよりも、10倍正確なので、クラス00よりも、高精度になります。期待できる長期安定性は年間0.002%未満の変動となり傑出した値となっています。

DMP40は世界中の試験基準として国家計量研究所で使用されています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。