屈曲と破壊に関して: 海低パイプラインの敷設費用を最適化

三井バブコック社(スコットランドのグラスゴー)は、海低石油パイプラインの試験と検証における世界的なリーダーです。このテストと検証により、深海における敷設工事の安全性を始め、適切なパイプライン工事が保証されます。同社は、テストから最大限の利益を得るために、HBMの標準品のリニアひずみゲージ、MGCplusアンプシステム、およびデータ分析ソフトウェアcatmanを採用しました。

石油輸送中の安全性を確保

パイプライン製造に使用される一般的製法は、ステンレスコーティングを炭素鋼管の内側に水力で圧入する方法です。パイプラインは敷設時に、曲げモーメントと横応力にさらされ、その後、例えば、温度と圧力からの負荷に耐えなければなりません。これらのことから、パイプラインの機能が損なわれることは許されません。生産と環境に甚大な影響を与える事故を防ぐために、パイプラインの負荷限界をテストする事が特に重要です。

「HBMのMGCplusアンプシステムを使用する1つの理由は、以前に比べ、ストレスレベルを決定するのにはるかに多くの計測チャンネルを利用できる点です。」とアルバート・ホルト氏(三井バブコックの主任テストエンジニア)は語っています。

HBMのひずみゲージ、MGCplus、catmanで35MPaの試験

最大12m長のパイプラインが、三井バブコック社によって設計された4ポイントのベンディング装置でテストできます。テストプログラムの複雑さによりテスト時間は異なります。テストから得られた情報を最適化するのに、最新技術が使用されます。例えば、パイプがつぶれる始めるときに発生する可能性のある、構造的崩壊の視覚映像を取得するために、超高分解能カメラがパイプの内側に挿入されます。この装置によって検査された最大のパイプ直径は660mmでした。

「三井バブコック専用の特注インタフェースを、HBMが開発してくれたので、非常に助かりました。これにより、私たちの技術者はパイプラインが輸送負荷中に屈曲する時の現象を直に目視できるようになりました。この目的には、catmanは完璧なツールです。」とアルバート・ホルト氏が述べています。

テストの大部分は静的テストですが、動的テストが実施されるのは、圧縮、引張力、炸裂テストの時だけです。静的テストでは、ひずみゲージは公称ひずみ値を3%超えた時のひずみレベルを計測するのに使用されます。パイプは、最大35MPaまでの圧力と最大165℃の温度にさらされます。

「HBMの装置は、迅速に構成でき、そのうえ膨大な数のセンサを接続できます。投資に見合うサービスが提供されています。」 とアルバート・ホルト氏は語っています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。