XY: 2ゲージ式XY T型ロゼットが既知の方向での2軸応力状態を分析

T型ロゼットタイプXYひずみゲージは、90°オフセットで配置された2つの計測グリッドを持っています。 標準的アプリケーションは、引張・圧縮棒上での計測と既知の応力方向での2軸応力状態の分析です。

タイプXY1XY3XY7XY9XY10には、広い範囲の幾何学形状と寸法があり、それぞれ数種類の温度適応と公称(定格)抵抗値(120350Ω)で利用可能です。

計測グリッドはコンスタンタンでできています。計測グリッドを保持している材料はポリイミドです。

T型ロゼットゲージでの計測に関する詳細は小冊子「ホイストーンブリッジ回路の使用」と専門家向け文献「An Introduction to Measurements Using Strain Gauges(ひずみゲージによる計測の入門)」をご覧ください。

また、XY3ひずみゲージには接続ケーブルが付属しています。数多くのメリットを提供できるソリューションであり、計測ポイントのはんだ付けが不要、かつケーブル長は0.5 m~10 mの間で選択でき、RJ11プラグも必要に応じて追加できます。フッ素ポリマ・ワイヤが採用されており、ケーブル設置が容易です。

T-Rosette (2 grids)

XY1

Leads on left and right side

XY9

Stacked grid with leads

XY3

Standard strain gauge with solder tabs

XY10

Solder tabs with integrated strain relief

XY7

Common solder tabs

HBMshop 価格・納期の確認、クイック見積もりはこちらから
見積もり希望

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

こちらからお気軽に見積依頼

ご希望内容:


問い合わせる

柔軟な対応力

技術コンサルティング

速やかな対応