小麦と剥き殻の分離:品質管理にHBMの計量技術が使われています

穀物類は世界中で生産され、商品市場で取引され、複雑な経路をたどって加工業者へ引き渡されます。量はもとより、主としてはその生での状態の品質が価格を決めるファクターとなります。

今やその流通経路で非常に大事なリンクとなるのが、ドイツ・ミュンヘンに近いPuchheimに拠点を置く分析のスペシャリスト、Bruins  Instruments社が製造している完全穀物分析器の使用です。水分、プロテイン、スターチ、脂肪分など穀物の成分を、分光試験によってサンプルから 確実に測定します。

この分析器の技術は、今や一つの重要な特徴として拡大しています。特定されたサンプルの重量(ヘクトリットルウェイト)から、害虫被害や変形した穀物などを測定することが可能です。これにより、定められたサンプル量を正確にかつ可能な限り短時間で測定できます。

コンパクトなPW4シングルポイントロードセルは、度量衝的に正確で、確実な秤計測をシンプルに設定します。AD104デジタル変換器エレクトロニクスは、ロードセルの計測信号を増幅してそれらをデジタル変換します。またAD104ソフトウェアは、幅広い秤の機能とダイナミックフィルターアルゴリズムを提供します。デジタル変換された計測データはそのまま分析器へデジタル送信されます。

HBMのコンポーネントはお客様の用途に合わせて完璧に一つ一つ作り上げられます。その際に合理的な製品のご提案、最終評価試験、日々のオンラインサービスなど、適切なアシストをご提供します。これはお客様がより早く製品を市場に出すことに貢献します。

 

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。