HBMロードセルが中国のセメント混練プラントの最適な品質管理を保証
プラントに設置されたHLCロードセル
各セメント混練プラントに装備されたHBMのS字型ロードセル(12セット)

中国の数多くのセメントプラントで品質管理を保証する高精度ロードセル

中国最大の建設会社XCMGは、自社のセメント混練プラントにHBMのロードセル製品を装備することにより、品質管理を最適化する開発プログラムを進めています。およそ150のプラントに対する装備は2012年末までに完了し、2013年中には、さらに200のプラントが建設され同じ仕様の装置が設置されます。

ステンレス製のS字型ロードセルは、保護等級がIP68で、精度等級は最高でC4です。このレーザー溶接されたロードセルは、50kg5tを計測でき、各プラントにおける一貫した最適な品質管理を保証します。

HBMベンディングビーム式のロードセルZ6は、最高でC6等級の優れた精度と、最も過酷な製造環境内でも機能する保護等級IP68の認証を受けていることから、主に工業的規模の計重コンポーネントとして使用されます。

ロードセルHLCは、200 kg10 tの最大能力により、セメントプラントの業務に適合した計測を実施できます。同時に提供される他のロードセルと同様に、保護等級IP68の堅牢な設計で、精度等級は最高でC6です。HLCは、ノイズ干渉を非常に受けにくい6線式構造で、広範な産業用途に適しています。さらに、このロードセルはセメントプラントに見られる防爆環境で使用可能なATEXバージョンも用意されています。

HBMは、上海の西100 km蘇州にある工場を拠点として、中国国内で大きな存在感を示しています。この工場では、1997年から世界市場向けに高品質のロードセルを生産しており、中国およびアジアにおけるHBMの販売成功における中心的な役割を果たしています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。