Please log-in below to download the reference book.

ご登録内容

2016年6月17日よりHBMのユーザ登録システムが更新されました。

システム更新に伴い、資料ダウンロードをご利用のすべての方にユーザ登録/再登録をお願いしております。

ロードピンでクレーンのメンテナンス費用を削減

ロードピンでクレーンのメンテナンス費用を削減

 

クレーンを安全に運転するためには、保守点検を定期的に実施し、耐用年数を超えた部品を交換する必要があります。これにより、重大な故障の発生を未然に防ぐことができます。残念ながら、多くの場合、こうした保守点検の際に交換・廃棄される部品の中には、使用し続けても全く問題のないものが含まれています。これは、重要な部品に加わった応力の大きさや、そうした部品が本当に寿命を迎えているかどうかを確認することが最近まで不可能だったためです。

新しいクレーンには、メンテナンス費用を削減するため、クレーンの重要な構成部品に加わる応力をモニタリングできるシステムが装備されています。こうしたモニタリングシステムは、重要な構成部品における応力、負荷、時間を計測・録し、クレーンの使用履歴が一定の段階に達すると警告を発します。このシステムを使用すれば、クレーンのメンテナンス費用は最大で75%削減することができます。その額は、年間$75,000以上に達することもあります。

モニタリングシステムは、既存のクレーンに組み込むことも可能です。複数の企業が旧式のクレーンで使用できるモニタリングシステムを提供しており、新型クレーンに搭載されるものと同様のモニタリング機能を利用できます。これらのシステムは、旧式クレーンのメンテナンス費用を削減するのに役立ちます。

ロードピンやひずみリンクといったひずみゲージを利用したセンサは、こうしたシステムの重要なセンシング部品として使われています。クレビスまたはピボットピンをこれらのセンサに置き換えることで、クレーンの重要箇所の応力が計測可能になります。クレーンモニタリングシステムは、長期にわたって応力を計測・記録することにより、クレーンのメンテナンスの必要性を予測します。

 

 

Your Advantages

  • Reduce crane maintenance costs by up to 75%
  • Retrofittable to existing cranes
  • Improve operations safety by using accurate HBM load pins
  • Available as custom designs for your application
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。