MDF生産システムにおけるリソースの最適利用

Eppinger Dieffenbacherグループ木質材料パネル生産システムは、世界的に需要があります。環境を保護しながらエネルギーと材料の利用効率の高い最高品質の木質繊維板を製造するため、MDFパネルとTHDF薄型パネル用のシステムには特別な精度が必要になります。このような理由からDieffenbacher社は、独自の生産システムにおける木質繊維の制御にHBMdigiCLIPシリーズ工業用アンプとロードセルを使用することにしました。

Dieffenbacher社の生産システムは、高いシステム性能と効率性を備え、技術革新によるメリットを提供します。その例として、MDFパネルとTHDF薄型パネル用の最新世代の生産システムが挙げられます。こうした生産システムにおいては、digiCLIPシリーズとHBM秤量技術を組み合わせて使用すると合理的です。例えば、自由に構成できるフィルタを使用して、ベルトの不規則な性質によって生じる速度変動を修正することができます。その結果、搬送する材料の重量値の精度が上がり、必要な原材料を低減できる上、最終製品の品質を大きく改善できます。これにより、システムへの投資額を早い時期に回収できるようになります。

 

オートメーション用に開発されたdigiCLIPシリーズ

HBMのdigiCLIPシリーズ工業用アンプは、力・重さ・トルク・圧力の計測を行う上で、第一の選択肢となる製品です。これは、工業環境におけるオートメーション用に開発されたモジュラーシステムで、あらゆるひずみゲージセンサ(4ゲージ法: フルブリッジ)に接続できます。既存のオートメーションシステムにも完全に適合できます。これは、digiCLIPシリーズが標準インタフェースPROFIBUS DP-V1CANBUSDeviceNetを搭載しているからです。

使いやすくて便利

ユーザは、PC上で無料のdigiCLIPソフトウェアを使用して、装置のすべての設定を行えます。運転中の増幅器の交換や更新作業も、digiCLIPを使えば驚くほど簡単に実行できます。こうしたタスクの実行を可能にしているのは、プラグ&メジャーとホットスワッピング機能です。他にも、価値のある便利な機能があります。digiCLIPは、変換器内部の電子データシートTEDSに対応し、TEDSを装備した変換器を完全に自動検出します。複雑な設定や構成は不要で、digiCLIPは、訓練を受けていない従業員でも簡単に起動できます。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。