ネットワークによるスムーズな データの流れにはインターフェースが重要

インテリジェント装置のネットワーク化は日常生活での主要な課題となってきています。特に、産業界や自動化された環境での必要性が高まっています。今日、ネットワークを強化すれば効率と生産性が確実に高まります。データ伝送では様々なフィールドバスシステムが広く使われています。そこで使用される試験・計測機器もまたこれらの要件を満たす必要があり、互換性のあるインターフェースが必要となります。

現代の生産システムでは、インテリジェントセンサによってリアルタイムにデータが送信されます。その際には多くの場合、温度、耐用年数、摩耗の程度などのステータス情報が実際の計測信号に追加されて送られます。Profi bus、DeviceNet、AS-Interface、CANopenなどのうち、どのフィールドバスシステムがデータ伝送に最適かは適用要件に依存します。しかし、最近では従来型のシステムに代わり、Ethernetベースのフィールドバスシステムを採用することが多くなっています。EtherCAT、PROFINET、EtherNet/IP、CC-Linkには以下のように多くの利点があるため、採用の増加を理解できます。

  • フォーマンス
  • 既知のIT基準による容易な配線
  • IT世界への組み込みや転換が容易
  • 装置に標準的なコンポーネントを使用することによる経費
  • 節減
  • リモートメンテナンスと先進的診断ツールによる
  • 高いシステム稼動率

互換性による柔軟性

HBMの計測製品は信頼性が高く正確で、様々なインタフェースに柔軟に対応します。

今日、試験・計測機器は産業界の生産システムやテストベンチで使われることが多くなってきています。この機器は効率を高め、ダウンタイムを短縮し、不良品を少なくすることに貢献しています。試験・計測機器をシステムに組み込むときには互換性のあるインターフェースが必要になります。そのため、HBMでは自社の計測データ収集システムに対応する、最も重要なEthernetベースのフィールドバスインタフェースを提供しています。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。