鋼材成形におけるプロセスモニタリング(PMXを使用)

最高品質の鋼材生産:あらゆるパラメータを確実に記録

鋼材は、使用される最終製品に合わせて、特殊な形状、合金、および品質に仕上げる必要があります。出荷される鋼板製品の品質は、その大部分が生産時に決まります。

 

鋼板は、長い圧延機によって必要な厚さの板に成形されます。この成形工程で重要なパラメータは、力、温度、速度です。この工程では、カスタム仕様のひずみゲージアプリケーションが、ローラベアリング内の信号をリアルタイムで直接記録するために使用されています。正確な位置決め、寸法取り、および組み立ては、HBMによる高精度の詳細な計算に基づいて実行されます。 4チャンネルの工業アンプPMXシリーズ入力ボード PX455は、これらのパラメータを記録してプロセスの信頼性を保証し、リアルタイム・フィールドバスを経由してシステム制御機器に送信します。これにより、圧延機全体の能力を最大限利用することできます。

こうした工場では、競争力を維持するため、高度な自動化を進め、修理の必要性を最小化しなければなりません。PMXシリーズの診断機能は、そのニーズを十分に満たすことができます。統合型ウェブサーバは、センサレベルにまで遠隔メンテナンスを実施でき、メンテナンスコストを削減することができます。これにより、圧延機の耐久性が向上し、製品の品質が安定化します。

 

 

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。