Industry 4.0、すなわち第4の産業革命とは、ものづくり大国ドイツのメジャー企業が連携し、劇的な生産性向上と省エネを実現するための国家レベルの取り組みです。具体的には、従来の人間とロボットによる製造工程に代わり、ロボットが製品と対話しながら組み立てを行い製品を量産する高度なネットワークベースのスマート工場の実現です。こうした動きを受けて、ドイツの高精度計測器メーカーであるHBMでもIndustry4.0のコンセプトに沿った工業アンプPMXなどを展開しています。

このページでは、Industry4.0に則した革新的なネットワーク型製造システムをサポートする計量ソリューションについて解説しています。


新たな“産業革命”が、製品や部品の量産方式に到来しました。生産システムは、ますます柔軟でネットワークを多用した方向に向かっています。生産プロセスはサイバーフィジカルシステム(CPS)を使用することにより、かってないほどに効率的になり、同時に、より複雑で多面的になっています。

的確な計量学的システムの選択が、この新たな製造コンセプトを実現する重要なポイントになります。最新の近代的製造システムと一緒に革新をつづける計測技術こそが、切れ目のない品質管理、効率的で低コスト化のできる生産を確保する唯一の方式です。

もう一つの主要なトレンド: 製品を市場により早く出すために、今後は製品開発と製造プロセス計画の両者はかってないほどに、緊密に連携して動かなければなりません。 適切な計測技術ソリューションの選択そのものが、開発と製造の両方に対する有効なデータの提供につながり、重要な効率要因となります。

Please login or register to read the full article.

ご登録内容

2016年6月17日よりHBMのユーザ登録システムが更新されました。

システム更新に伴い、資料ダウンロードをご利用のすべての方にユーザ登録/再登録をお願いしております。

著者ご紹介-HBMプロダクトマネージャー

Dipl.-Ing. Michael Guckes
Product Manager Industrial Amplifiers and Software


HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。