PMXの使用方法

PMXは、多チャネルを必要とするアプリケーションで大容量データを処理するのに最適な、正確性・信頼性・柔軟性を備えた計測装置です。さまざまなケースでモジュール式計測アンプシステムPMX を操作する方法を詳しく説明します:

  • PMXで計算チャンネルを使用

  • センサの接続と調整

  • フィールドバスとCoDeSysアプリケーションの利用

  • ...その他多数の事例をご紹介!

    ご不明な点がございましたら HBMまでお問い合わせください。


スケーリングの方法


PMXのアシスタント機能

このテクニカルノートでは、PMXでセンサを調整する方法について説明します。PMXを使用してセンサを調整するには、次の2つの方法があります。PMXの参照チャネルを使用できます。あるいは参照値を手動入力できます。

PMXマトリックス補正

このテクニカルノートでは、マトリックス補償を使用して計測値のクロストークを補正する方法について説明します。この例では、各センサがそれぞれの計測範囲内で、力の値を計測するマルチコンポーネットセンサが使用されています。

PMX CASMAフィルタ

ここでは、CASMAフィルタ(Crank Angle Sampled Moving Average)を使用してノイズの多いトルク信号の平均値を得る方法を説明します。時間に依存せず回転角に同期させて使用できるフィルタで、RPMの変化に自動的に対応できます。PMXは、この目的のために独自の計算チャンネルを提供しています


フィールドバスの統合


PMXでSiemens PLCとProfiNetを使用

このテクニカルノートでは、Siemens PLCにPMXを接続するSiemens Tia Portalを使用してプロジェクトを作成する方法について説明します。さらに、TiaポータルでPMXからの計測値を監視する方法についての簡単な説明が提供されます。この技術情報を理解するにはProfiNet接続とPMXに関する基本的な知識が必要です。

PMXでBeckhoff PLCとEtherCatを使用

ここでは、PMXをBeckhoff PLCに接続するTwinCATを使用してプロジェクトを作成する方法について説明します。さらに、TwinCatでPMXから計測値を監視する方法についての簡単な説明があります。ProfiNet接続とPMXに関する基本的な知識が必要です。

PMXでAllen-Bradley PLCとEthernet / IPを使用

これは、Ethernet/IP経由でPMXをAllen-Bradleyコントローラに接続するRSLogix5000を使用してプロジェクトを作成するためのガイドです。さらに、計測値がソフトウェア内のPMXによってどのように監視されるかを簡単に説明しています。イーサネット/ IPネットワーキングとPMXに関する基本的な知識が必要です。


計算チャンネル


PMXによる力の作用点の計算

このテクニカルノートでは、3台の力センサを使用して力の作用点の位置を判定する方法を説明します。

PMXでPIDコントローラを作成

ここでは、PMXを使用してPIDコントローラを作成する方法について説明します。この特定の例では、単純なRC回路が制御されます。試験用の反復プロセスを作成するために、周期信号がPMXの内部信号発生器によって生成されます。この信号は、あらゆるプロセスのシミュレーションとして使用できます。また、他の信号(例えば、センサからの)に置き換えることができます。


CODESYSアプリケーション


PMXでCODESYSアプリケーションを使用

このテクニカルノートでは、CODESYSアプリケーションをPMX用に起動するためのクイックスタートガイドを提供しています。この説明は、CODESYSに関する基礎的な知識と経験があることを前提にしています。詳しいヘルプは、PMXパッケージをインポート後に、通常デスクトップにインストールされる事例とオンラインヘルプでご利用いただけます。

CODESYSアプリケーション - データストレージ

ここでは、PMX上にCODESYSアプリケーションを作成する方法を説明します。CODESYSに関する基礎的な知識と経験があることを前提にしています。詳しいヘルプは、PMXパッケージをインポート後に、通常デスクトップにインストールされる事例とオンラインヘルプでご利用いただけます。

おすすめ情報

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。