PMXイベントカウンタ(トリガ)

この例は、力の値の上の通過をカウントし、表示される例です。
カウント5に達すると、デジタル信号の出力です。その後、オペレータは、再び0にカウントを設定することができます。

次の例は、PMXでどのようにセットアップするイベントカウンタを示しています。算出された2つのチャンネルは、必要となります。

手順

セットアップ算出されたチャンネル「トリガパルス」

  • 測定された力の値は入力信号です
  • 事前に定義された値はリミットを設定することができます。
  • 「Trigger on going above」が選択されていること。
  • 出力はFlag1に与えられます。

セットアップ算出されたチャンネル「カウンタ」

  • Flag1は入力信号です。
  • カウントのみ正のエッジです。
  • フラグのための特定の制限値を設定することにより、信号を開始することができ、限界値に達したときにアクティブに設定されます。
  • これはすぐにカウンタが5以上の値に達すると、Flag02を有効化します
  • これらのフラグは、フィールドバス経由でPLCによって取得することができます。

カウンタ値のアーカイブはデジタル出力(PX878)で信号化する必要があることを意味します。
このフラグは、デジタル出力のための入力として設定されます。この例では、デジタル出力2はflag02によって活性化されます。

下記のページには、パスに従うことによって達成します:メニュー/セッティング/デジタル出力

イベントカウンタがリセット探し、実行されます。

  • デジタル入力(PX878)
  • フィールドバス制御では、PMXのデジタル入力17..32によって示されます。
  • 様々な計算されたチャンネルの他のフラグ

免責事項

ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。