PMX - ピエゾセンサの使用

PMXとチャージアンプ (タイプ: CMA/ CMD) にピエゾセンサを接続する方法を説明します。

必要機器

以下の機器は、例を実行するために必要です。

  • PMX (測定カード: PX401 と PX878)
  • チャージアンプ  (この例ではCMA1400)
  • KAB168ケーブル (PMXにチャージアンプを接続するため)
  • ピエゾセンサ (この例ではCFT/50kN)
  • 1-KAB143ケーブル (センサ接続ケーブル)

条件

チャージアンプにケーブルを接続し、PMXは1-KAB163ケーブルの配線が2のプラグで結合されている必要があります。これらのいずれかは、PX401、PX878のどちらかに接続されています。ピン割り当ては、次の通りです。

1 - KAB168 ピン割り当て

PMXのケーブル接続

ノート: 接続ケーブルのBlueケーブルは接続されていません。

PMXのケーブル接続

1-KAB143ケーブルは、チャージアンプにピエゾセンサを使用するために使用します。
上記のように組み立てられた2つのプラグを用いて、1-KAB163ケーブルを介し、計測カード「PX401 (plug 1) と PX878 (plug 2)」に接続されています。センサが正しく設定された後に、使用することができます。

センサとチャージアンプの設定

この例の成分特性値

PMXの設定

以下のoverviewでは、計測カード(PM401)で行われた設定例です。

チャージアンプのリセット

デジタル出力は(Menu/Settings/Digital Outputs)計算結果チャンネルの旗1は、デジタル出力1に割り当てられてます。以下に説明するように、Flag1は、トリガパルスを設定します。

「Computed Channels menu」から「Trigger Pulse」機能を新たに作成します。選択したしきい値を超過した場合は、Flag1に記録されます(Flag1は、上で述べたように、Output1に割り当てられています)。

免責事項

ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。