PMXのデモおよび読み/書きの設定 ProfiNet経由で、シーメンス PLC S7 - 315 - 2 PN/DP

この例は、シーメンス(S7-315-2 PN/ DP)に接続するPMXのデモです。

はじめに

PMXはProfiNet インターフェース PX01PN (Slot 0) と 計測ボード PX878 スロット1が装備されています。
PX455 スロット 2 (ひずみゲージ、力センサー) と PX401 スロット3 (アナログ信号+/-10V or +/-20mA)

接続

RJ45 ケーブルを使用してください。PMX ProfiNet インターフェースボード (PX01PN スロット0)に、S7-315-2 ProfiNetインターフェースを接続するために。

免責事項

この例は、シーメンスSiematic ManagerまたはTIA-ポータルを使用して、シーメンスのPLCとのPMXの統合を説明することを説明しています。ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

「Ethernet node」の「Browse」をクリックしてください。ここで見つかったネットワークデバイスが表示されます。(多少時間がかかる場合があります) 多様なデバイスを表示することができます。

このケースではS7ユニットのMACアドレスは「00-1B-1B-16-DD-47」に選択されています(アドレスはデバイス上で見つけることができます) 次に「Set IP configuration」を選択し、IPアドレスをPMXに割り当てなければなりません。

このケースではS7ユニットのMACアドレスは「00-1B-1B-16-DD-47」に選択されています(アドレスはデバイス上で見つけることができます) 次に「Set IP configuration」を選択し、IPアドレスをPMXに割り当てなければなりません。

IPアドレス: 172.19.169.178

サブネットマスク: 255.255.0.0

「Assign IP Configuration」ボタンをクリックします。

ダイアログを閉じます。

次の画面で「Hardware」をダブルクリックします。

これは「Hardware Configuration」を開くと出てきます。

画面右側のツリーにあるProfinet IO\Additional Field Devices\I/O\PMXの手順で選択します。(注: この場合は、2ファイルが利用可能です)。サブメニューのみで選択することができます。
これは利用可能な計測カードを介して設定することができます。

フィールドを右クリックして「Insert Object」で適切なPMXを挿入します。(メニューバーでは「Insert」から行います。)

適切なPMXを選択して「Additional Field Devices」をクリックします。

別のスロットに、計測カードを追加するには、右側のメニューツリーから、左側の緑のハイライトがかかっている場所にドラッグします。(ここでは PX878計測カード)

この例では以下のようになります。

「Monitor/Modify」のダイアログを開き、チャンネルのいずれかを開きます。

バイナリーステータスを表示されるには「Monitor」にチェックを入れます。

プロパティをチェックし、PMXをダブルクリックします。

プログラムのスタート

Simatic-manager/TiA-portalを起動し、でもプロジェクト(DemoKoff)をPLCに転送して、スタートしてください。

PLCメニューから「Edit Ethernet Node」を選択します。

計算されたチャンネルは、計測カードに追加できます。この場合はスロット9から始めます。

PMX Webブラウザで計算されたチャンネル数を確認します。(このケースは8)「Property」で確認することができます。

「Download to Module」をクリックしてスタートします。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。