PMX変位軸上の特定の点での力のテスト

力と変位の計測とストローク動作中、 力は変位軸上の特定の点で測定されます。
測定された力は、受入バンド内に入らなければならないと、 good/badの決定が行われます。力は戻る時にに一度、外向き行程と一度チェックされます。

はじめに

この例では、力曲線はおよそ次の通りです。

二つの「ホールド(アナログ)」のグラフは、点s1における力の測定値を保持します。
二つのリミットスイッチは、値がそれぞれの受け入れ帯域内にあるかどうかを確認してください。上昇力は「press」、落下力が「release」です。二つのデジタル出力は、リミットスイッチの結果を示しています。

手順

ストローク上昇のための「Press」

  • 測定された力値Fは、「ホールド(アナログ)」グラフで点s1=5mmに保持されています。
  • 秒=5mm(下限、低しきい値)でグリフは、力Fを読み取り、出力に保持します。
  • ホールド範囲(上限値、しきい値])の上限値は、この場合には必要とされません。測定範囲外のダミー値が割り付けられています。
  • 設定の「On entry only」は、力は読み取りおよび保持の範囲 (5mm、999mm) 内のエントリごとに、一度だけ正確に保持される。

下降ストローク「Release」

  • 現在のホールド範囲は、範囲S= [-999 mm、5 mm]を含み、-999は再びここにダミーの値です。上から5 mmでの変位がホールド範囲に入った場合、ブロックは測定された力の値を保持します。

リミットスイッチによる変化

  • ホールドブロック出力は、2つのリミットスイッチの入力です。
  • スイッチNo. 1は、ストロークの上昇の正しい力の値を報告します。アクティブな状態は「F(5mm)を押して、信号が区間[32 N、35N]の場合です。
  • No. 2 の設定は似ています。受け入れ間隔は[26 N、29 N]です。

デジタル出力 No. 1 と 2は、リミット状態の時に切り変わります。

Tips

  • 受入バンド(コンプライアンスとは対照的に)の違反がリミットスイッチと、例えば、論理を反転することによって示すことができる。
  • 代わりに、変位軸上の点で力をチェックするのはもちろん、特定の点における変位を確認することも可能です。
  • 追加の方向依存性のチェックポイントもホールドブロックの適切な数で設定することができます。
  • パラメータのセットは、他の値の計測点、または、受け入れバンドの値を切り替えで行います。サブパラメータのコピーが変更された数値は、この目的のために作成された数値を設定します。サブパラメータセットは、その後、フィールドバスまたはデジタル入力を経由して、例えば、切り替えて異なるパラメータセットに割り当てられます。

代わりに、個々の数値の算出チャネルの構造も切り替えることができます。

リミットスイッチは、サブパラメータセットのリミットスイッチで切り替えている。

  • タスクは、「トリガー(パルス)」と「ホールド(デジタル)」ブロックを用いて行うことができます。

免責事項

ここに記載した事例は、お客様にご参照いただくためのものです。いかなる形でも、保証や賠償の対象にはなりませんので、ご了承願います。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。