Industry4.0に適合する試験計測技術

生産工程では、柔軟性、生産速度、効率の改善が、重要な目標になっています。これを達成するために、人とマシンをネットワークでつなぐというビジョンが、急速に現実化しはじめました。このビジョンは「Industrial Internet of Things」として知られています。

最先端の「試験計測技術4.0」を活用することにより、ネットワーク化された理想的な生産が初めて実現します。世界中のメーカーの生産工程が、複雑でダイナミックになればなるほど、生産にかかわる主要パラメータのリアルタイムデータが重要になります。

「試験計測技術4.0」の重要性とは

  • 複雑化した生産システムでも簡単かつ迅速に設定できるセンサ: 「電子データシート」を利用など
  • センサや産業用インターネットシステムとアルタイムに通信できる計測用アンプ
  • 複雑化する機能を、可能な限り簡単に利用できる試験計測ソフトウェア

この技術レポートは、「ネットワーク接続による生産」と適切な試験計測装置の使用について説明します。

「HBMは、Industry4.0が試験計測技術に何を求めているのかを研究しています。」

「HBMは、試験計測の専門企業として、Industry4.0の成功に貢献できることを誇りに思っています。」 大学との共同事業を通じ、Industry4.0が試験計測技術に関して何を求めているのかを学びました。「製造ラインに使用されるHBMの革新的な製品は、Industry4.0を現実化できる豊富なアイデアを提供しています。」

おすすめ情報

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。