フランスLGC Automation社: HBMロードセルを搭載した包装機で競争力向上

包装機 (写真LGC Automation社提供)

計重器と包装機の市場は変化が激しく、また数十年の歴史を誇る大手メーカーが多数あります。LGC Automation社 (シャンベリ近郊のイゼール)は新進気鋭のフランス企業です。

LGC Automation社は事業を開始するに当たり入念に準備しました。同社は設立2012年の若い会社ですが、軽重機と包装機の設計、製造、販売に25年間以上の経験を持つ創設者のFrancis Le Garrec氏とThierry Cerisay氏による確固たる専門的技術を基盤としています。

彼らは市場分析の結果、特に食品や農業の小さな会社と職人のニーズに沿った計重機/包装機を開発することにしました。 LGC Automation社のマシンは低価格でセミオートマチックとなっており、機能と性能をこのターゲット市場に合わせた結果、省スペース、短時間処理、手動制御、圧空設備不要となり、機械とエレクトロニクスを合理的に組み合わせたシンプルな設計になっています。要するに、ちょうど適正価格となる仕様になっています。

同社の標準モデルは、1~2台の供給ホッパから食品を投入して、振動レールかコンベヤベルトで移動させ、袋に直接梱包かバケツを通して梱包する設計になっています。このため、壊れやすい製品(ビスケット、ドライフルーツ、コーヒー、ベリー、製菓製品など)や量り売りの小物など、様々な食品を袋詰めできます。

PW20iはLGC Automation社の包装機(写真LGC Automation社提供)のシンプルなデザインに完全にぴったりの製品です。

PW20iロードセルが全てをシンプル化

この軽重機には PW20iロードセル を組み込んだHBM重量センサが使用されています。 ドイツ製品が第一候補でした。 LGC Automaton社を共同設立する前に、Francis Le Garrec氏は測定エレクトロニクスの設計で約20年間におよぶ信頼関係をHBMと構築してきました。

同氏は、顧客が小規模であっても、経済的に困難な時代に注文の見込みが立たないときでも、HBMが顧客をサポートし続けた事を知っています。 このサービス品質は、LGC Automation社が設立した時にも同じでした。 「いろいろな技術的選択を研究するときには、要求や質問に同じサービスレベルで対応してもらえることに気付きました。テスト目的のために提供された機器においてもすでに、最良のソリューションを選んだと確信できます」とThierry Cerisay氏(LGC Automation社マネージャ)は語っています。

RS232インタフェース付きのコンパクトなロードセル

PW20iロードセル

HBMは計測チェーン全体を提供できますが、LGC Automation社は測定センサだけを探していました。装置の電子回路には、価格と性能を最適化させた独自の回路基板を使用するからです。表示とユーザーインタフェースは、ブルートゥースを使用したタッチスクリーン画面になっています。

ロードセルにはPW20iが検討されました(PW20iはダイナミックな測定アプリケーション用に最適化されています)。このセンサは、1gレベルの精度で数十グラムから1.5kgのレンジで変化する梱包仕様に対応しています。計測に関する重要事項は、高い精度ではなく「別の部分」にあり、そのためPW20iが選択されました。 「第一に、回路基板にロードセルを接続できるようにRS232インタフェースが必要でした。第二に、小型機にフィットする省スペース型センサが必要でした。最後に、過負荷に対する保護機能が重要でした。」とThierry Cerisay氏は説明します。

PW20iはこれらのすべての条件を満たしています。それに、ねじ2個で簡単にマシンに取り付けられ、もう2個で保護カバーを固定できます。 過負荷に対する保護機能は必須条件でした。例えば、オペレータのミスにより、梱包プレートに衝撃を与えてしまう場合があるからです。この保護機能はPW20iに組み込まれているので、特別な機械的保護がなくても、梱包プレートをロードセルの上に直接設置できます。

PW20iは、計測に電子的処理を必要としません。 高い共振周波数のため、電子フィルタもノイズ減衰処理も必要ありません。 さらに大きなポイントは、PW20iは保護等級IP65なので保護ボードなしで直接搭載できることです(食品がマシンのみで処理される場合は、高圧ウォータージェットの洗浄が不要となります)。

最後に重要な点は、PW20iはOIML規格に準拠した計測機器です。 特に梱包プレートの中心からの袋の位置ずれ許容値などが規定されています。マシンの校正は標準ウエイトを必要としますが、修正は全てセンサの電子回路に統合されます。

結局は、LGC Automation社がシンプルで使い易いうえ、非常に価格競争力がある同社の機械にPW20iを採用するのは、いくつかのポイントがあります。このマシンでも、同社は特定市場におけるアジアでの競争に直面していますが、HBMとのパートナーシップのおかげで、顧客に対して納得のいく説明が可能になりました。Thierry Cerisay氏は、「他社のマシンに搭載されたロードセルを見ると、セルの寿命に重大な危惧があるように思えます。しかし私たちのマシン上に設置されたロードセルはあらゆる点で信用できます。特にそのセンサが世界中で広範な経験を持つリーダー的メーカーによって製造されているからです」と結論づけました。

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。