What's new in Perception 6.60?

Perceptionソフトウェアがバージョンアップ
ver6.60の変更点

User Definer Mode

User Definer Modeで、Perception機能の制限を定義したり、機能やシートを隠すことができます

変更できない機能がユーザーに見えてしまう場合、これを完全に隠すことができます ("Computations' シートの演算)

設定にパスワードを設定できます

The "Definer"

  • ワークベンチを変更し、個々に制限を設けられる
  • ユーザーが使う/使用する機能を定義できる
  • パスワードで設定を保護できる

The "User"

  • ワークベンチで個別の制限を設けられる

"User Definer Mode"はPerception の"Professional" および "Enterpriseで利用が可能です。"

eDriveテスティング用 アプリケーション

'eDrive' application is a new option provided in Perception for taking measurements on electric inverters and drive systems. Version 6.60 provides the following enhancements:革新の電動モータ評価手法eDriveテスティング用のアプリケーションは、ver6.6では次の改良がなされています

  • 演算用データのベースとなるサイクル検出機能強化
  • Vサイクル検出をリアルタイムで評価用スクリーンに表示
  • コネクションダイアグラムによるオンラインヘルプ機能内蔵
  • "Formulas"シートの新たな演算機能:例として
    • ベクトル空間変換
    • 逆ベクトル空間変換
    • dq0変換(“Park 変換”)
  • :リアルタイム演算:例として
    • THDなど(全高調波歪)
    • Fundamental RMS
  • トルクと回転速度のリアルタイムでのトレンド表示
  • リアルタイムでの時間軸上のライブ演算
  • エンコーダによる角度計測が可能です(HBMの参照パルス付トルクセンサT12同様)
  • 最新RPC コマンドにより、"Information"シートに入力できます
  • eDriveアプリケーションがすべてのPerceptionソフトウェア言語で利用できます (English, German, French, Chinese, Japanese, Korean, Russian, Portuguese [Brazil])

New GEN7tA mainframe

GEN7tの後継機種として、最新メインフレームGEN7tAが登場しました。19インチのラックマウントに最適なソリューションでテストベンチでの高速データ収集に役立ちます。最高200万計測値を1秒で収集できます(全チャンネル)。

GEN7tAはトランジェントの捕捉と100MB/sの連続データ収集が可能です(1ギガビットEthernet、標準)または400MB/s(10ギガビットEthernet、オプション)。外部PCに接続するか、オプションで、リムーバルディスク(SSD)に接続することができます。


また独立チャンネルを最大224個まで増やせます

Perceptionの言語設定が簡単に(取扱説明書を含む)

Perceptionソフトウェア言語およびその取扱説明書 (English, German, French, Chinese, Japanese, Korean, Russian, Portuguese [Brazil])が更新されました。全言語がシステムにインストールされていますので、簡単に言語を選択できます。

その他改良のための変更

"Formula" にある演算シート:"Regions"が圧縮/拡大で定義できるため演算が極めて簡単になりました。


"Formula"シートにある長い変数を圧縮し、変数パスを隠すことができ、演算が極めて読みやすくなりました。

Formula with and without the "Formula" "Variable" path.

Perception Data Acquisition Software

HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。