耐久ロードレースCape-to-Cape 2.0 2015

フォルクスワーゲン社のSUVトゥアレグが、HBMDAQを搭載し世界記録に挑んだ過酷な耐久レース

Rainer Zietlow氏が率いるチームが参戦したのは世界記録をかけたカーレースCape2Cape2015911日にスタートしたCape2Capeは、アフリカの最南端のアグラス岬からノルウェイのノース岬まで、岬(Cape)から岬(Cape)を10日間以内に横断する過酷な耐久レースでした(走行距離は17,000 km、21か国を走破)。彼らに選ばれたデータ収集システムが、HBM耐環境型データ収集システムSomatXRシリーズです。アクセルやホィールの計測ポイントにHBMのひずみゲージを複数設置し、ひずみ信号を収集して主要コンポーネントにかかる負荷が確実に監視されました。 

センサからデータ収集、ソフトウェアから校正されるHBMの完全な計測チェーンがひずみ信号の他、温度や加速度データも収集しました。SomatXRシリーズは完全密封構造で、高温、低温、衝撃、振動などが多い酷な計測環境でも信頼性の高いデータを収集できます。砂漠の粉塵や、湿気などの外部影響にも十分な耐久性をもっています。

このレースはチャリティプログラムもサポートしており、参加者が1kmを走るごとに、10セントがタンザニアの「SOS子供の村」に寄付されました。

17,000kmに及ぶ過酷な旅-現地の様子

アフリカの最南端から出発
コースには野生の動物たちの姿も
スーダンを走行中のSUV
航空機からSUVを降ろす(トルコ)
ゴールは間近に
新記録達成を祝うチーム(ノルウェー)

ツアーの様子を現地レポート

レースの様子はインターネットやSNSでレポートされ、世界中のファンがRainer Zietlowチームの様子を見守りました。レースの過程でチームには様々な発見もあったようです。3つのショートビデオが公開されていますので、ぜひ下の画像をクリックしてご覧ください。

エチオピアのカレンダーには13か月あること、みなさんはご存知でしたか?

Cape-to-Cape2.0の舞台となった国々に関するエピソード

エチオピア

 

チェコ

 

ノルウェー

 
HBMへのお問合せ HBMやHBMの製品について「もっと詳しく知りたい」、「わからないことがある」、「こんな製品を探している」などございましたら、お気軽に下記お問合せフォームでご連絡ください。